邪魔も入らず爽やかな目覚め。

大都会の関西圏ともあって、治安面で多少の不安もありましたが、無事に朝を迎える事が出来ましたw

本日の目標は高野山奥之院参拝。

昨日の某宗教婆さんのようなキ〇ガイに絡まれたりしないように、白衣は着ない、普通のバックパッカー仕様で出発です。(四国歩き遍路63日目参照)


まずは、南海加太線にて和歌山市駅に戻ります。(20分)

ちなみに、ワタクシ。

北海道から四国に、(青春18切符にて)鈍行でたどり着く際に、

「時刻表とにらめっこしながら、行程予定を立てるのは楽しいな~」

とは、思いましたが。

鉄ではないので、その手の情報は一切無いですw


和歌山市駅からJR紀勢本線にて和歌山駅へ。(7分)

和歌山駅からJR和歌山線にて橋本駅へ。(1時間7分)

橋本駅から南海高野線にて極楽橋駅へ。(54分)

極楽橋駅から南海高野山ケーブルにて高野山駅へ。(5分)

(待ち時間除くみたいな。)



乗り継ぎ乗り継ぎで、高野山到着~!

高野山駅から奥之院までは、歩いていった(気がする)

奥之院参拝終了!

最後に詣でたお寺に、そのまま置いてくるのが通例の金剛杖もこれにてお別れ。

ちなみにお杖に貼ってあるシールは、高知の三津漁港にてお世話になった、土佐のいごっそうが集う、日吉丸水産さんのシールです。(四国歩き遍路15日目参照)

杖納めと共に、お大師さんにお帰り頂く。

2008/06/09 12:41 杖納めと共に、お大師さんにお帰り頂く。

奥之院納経も終了!

高野山の門前町にて仕入れ、雨などでボコボコになった納経帳・・・。(北海道→四国を目指す旅4日目参照)

納経帳。

納経帳。

高野山奥之院の御朱印

高野山奥之院の御朱印

最後のダルマの目ともいえる、高野山の御朱印が加わった事で、かけがえのない、心の財産になったような気がします。(300×89=26700円+諸経費)


これにて、高野山詣では終了。

あとは自宅に戻るのみ。

全ての用向きを済ませた後は、とんぼ返りで高野山駅へ。

さらに、極楽橋→橋本駅へと戻ります。(53分)

橋本駅から南海高野線にて新今宮駅へ。(47分)

新今宮駅からJR大阪環状線外回りにて大阪駅へ(18分)


大阪から夜行バスにて新潟へ。(9時間半くらい)

新潟から新日本海フェリーにて小樽へ。(16時間くらい)

小樽からJRにて、何故か富良野方面に向かい、山部のバスにお立ち寄り。

富良野市山部のバス(旅人情報交換所)

2008/06/21 12:38 富良野市山部のバス(旅人情報交換所)

バス内部

2008/06/21 12:40 バス内部

バス裏の五右衛門風呂

2008/06/21 12:39 バス裏の五右衛門風呂

山部から自宅に帰宅。(のような気がする)

以上、6/9~6/21までの記録ダイジェスト。

・・・そんなわけで、これにて四国歩き遍路旅1周目は終了です。

お読み頂いた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m  再見!


2018追記

香川県(讃岐ノ国)振り返り。

2008/5/29に菩提の道場を打ち終わり、翌日から涅槃の道場に入ったところで、ワタクシ的、寝床備忘録④^^

5/30に香川入りし、66~88番札所までトータル7日。

テント野宿6泊、善根宿1泊。

さらに四国1周を振り返り。

4/7~6/8までのワタクシ的、寝床総備忘録^^

テント野宿36泊、善根宿11泊、通夜堂5泊、人の家4泊、有料宿2泊、車中泊2泊、お堂1泊、漁港の詰所1泊、駅のベンチ1泊。

以上!

骨髄提供ドナーの件、その後の顛末。

詳しくは、こちらで→四国歩き遍路22日目四国歩き遍路31日目四国歩き遍路36日目

四国から帰ってきて、すぐさま骨髄バンクに連絡を取り、やる気だけは満々だったのですが。

血液検査で鉄分が基準値以下だった事が判明し、医師の審査でコーディネートは強制終了・・・。

ちなみに、日常では、献血センターで褒められるほど比重の重い、自慢の血液なんですが~(;´Д`)

2ヶ月で体脂肪が10%減るくらいなので、案外、過酷な生活だったんだな~と。

また、栄養が不足だったり、栄養バランスが崩れていたであろう点も否めないのかな~と。

もう少し肥えてから検査を受けるべきだったと悔やまれます。

ご挨拶

ワタクシの今現在に至る、キャンプ旅の原点ともいえる四国歩き遍路。

この経験があったからこそ、

『水とトイレがあるところ、其れすなわちキャンプ場!!』

という認識が確立されていったかと思われますww

数年後、四国歩き遍路2周目に旅立つわけですが、歩き遍路日記は一旦終了。

次回からは、スーパーカブ90で行く、2008カブ旅などをUPさせて頂く予定です。

今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m


参加してま~す。現在のワタクシの順位はコチラ。ポチッとして頂けると多々感謝!^^↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 






杖納めと共に、お大師さんにお帰り頂く。

8 件のコメント

  • 結願、おめでとうございます。楽しく同行二人になった気持ちで読ませていただきました。10年前の歩き遍路と現在の歩き遍路の環境はあまり変わってはいませんね。カブ旅のお話も楽しみにしております。ちなみに、私もホンダスーパカブ110プロにて、年甲斐もなく北海道八十八ヶ所巡拝を計画しています。

    • カブ旅in旅人天国北海道は超オススメで~す!

      最近は、四国ナンバーのクルマ旅の人をよく見かけるようになりました。

      北海道八十八ヶ所は若干微妙ですが、グルメ!温泉!!景色!!!一期一会!!!!と楽しみ盛り沢山なので、ぜひぜひ^^

  • お疲れ様です。二日で読み終わりました。二週目のブログってなにんですか?かなり楽しみにしてます。

    • お読み頂いてありがとうございます○┓ペコリ
      お四国2週目は2012年の事でして~。
      元の日記は手元にあるんですが、時系列順にUPしていきたいので、まだまだ先の話になりそうです(^_^;)
      UPの際はFBページなどでお知らせさせて頂きたいと思いますので~^^

  • とても面白く、実体験に沿ったもののため、とても参考になりました。
    女・野宿・お遍路の検索では、止めろというものしか出てこず、どうして止めなければいけないのか
    何が危険点なのかわからず。面白くなく。ここで何となくわかりました。
    年月は経ていますが、参考とさせていただきます。
    このような情報をネットにあげていただきありがとうございます。

    • 今も旅の途上なので遅くなりましたが、コメントありがとうございまーす。
      そういって頂けると更新意欲が湧きますw
      やってみて嫌なら途中で辞めればいいだけで、まずは行動あるのみです。
      お遍路に関わらず、野宿旅は女でも結構いますしね!

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください