寒くて何回か目が覚めたが、身支度して出発。

本日快晴なり。

そして、今日も初っ端から峠越え予定。

明日もそうだし、ここ最近毎日山登りだわ~(;´∩`)


腹が減っては戦が出来ぬもんで、道沿いにある喫茶店、『珈琲館  磯』にて朝食。

入ってから知ったのですが、こちらは、遍路道や遍路小屋の整備諸々をされている、60名程の地元有志からなる、『てんやわんや王国』の大統領さんのお店

「昨夜は何処に泊まったか?」と聞かれ、「熱田温泉のバス停」と伝えると「うちの小屋に泊まれば良かったのに」との事。

これから向かう松尾峠の登り口には寝泊まりできる遍路小屋、峠の頂上に休憩小屋があるそうです。

かなりの自信作らしく「写メでも撮っていって!」と言われました。

ちなみに、磯さんのオススメメニューはTVでも紹介されたというカツ丼。

朝から重いかもな~とは思いましたが、食べるとトロ~リ半熟卵と程よい脂身のついた肉とのコラボでペロリと完食(o^∀^o)

お会計の際、大統領の奥様からタオルハンカチをお接待して頂く。ありがとうございましたm(_ _)m


磯さんを出て、松尾峠麓の遍路小屋到着。

松尾トンネル手前の遍路小屋。正面外観。

2008/05/14 09:07 松尾トンネル手前のてんやわんや王国遍路小屋外観。

なるほど~。四方をコンクリートの壁で囲まれ、窓あり、網戸までついています。

置いてある長椅子もクッション性があり、心地よく眠れそうな予感。

松尾トンネル手前の遍路小屋内部。

2008/05/14 09:06 てんやわんや王国遍路小屋内部。

心遣いが嬉しい遍路小屋。機会があれば?泊まってみたいなと思いました。

松尾トンネル手前の遍路小屋裏側。

2008/05/14 09:08 てんやわんや王国遍路小屋裏側。


さて松尾トンネル越えの山道です。

普通に松尾トンネルを通れば全長1710m、27分間程の道程ですが、交通量が多く、排気ガス充満状態。

対して、トンネル越えの松尾峠遍路道は全長3.7km。峠までは1.7km、標高差180mに緩やかな自然満喫コース。

せっかく、てんやわんや王国の人達が草刈りその他をしてくれているのだから、山道を通らないと嘘でしょうって感じです。

それに、1200年もの間、人々が踏みしめ続けた道を歩く事に四国遍路の神髄がありますからね~。

そして、大統領さんから聞いていた、てんやわんや王国の松尾トンネル上にある休憩所。

リクライニング可の車の座席がアイデア賞。あまりの居心地の良さに、しばしまどろむワタクシ・・・。

2008/05/14 10:20 松尾トンネル上の休憩所。

各地にある遍路小屋の中で、トップクラスの寝心地の椅子でしたw



再びR55へ、宇和島市に入ります。

涼しい山道を抜けた後は炎天下の国道を歩くが、体がダルくいまいち体調がパッとしない。

歩くペースものろのろ&休み休み。

今日中に41番が打てたらな~と考えていましたが、多分無理だ、諦めま~す。

本日は41番手前にある道の駅みまでストップします~(;´∩`)


今夜の寝場所到着~。

その後は所々にある休憩所で休憩を繰り返し、夕方、道の駅みまに到着。

日差しが弱くなってからサクサク歩けるって事はやはりダルさの原因は気温です。

道の駅みまには、テントが張れる東屋もあり、屋根付きの通路の下にも張れるので、雨の日でも悲しい思いをせずに過ごせる仕様です。

東屋で休憩中の老夫婦が「ここで休まれませんか?」と仰ってくれたのでしばし四方山話。

老夫婦が去った後、煙草を吹かしていると少し離れた小山の上で、一人の男性遍路が尺八の演奏を始めました。

夕暮れの中で滔々と響き渡る、尺八の音色・・・。


そこに、道の駅の従業員のおばさんが登場。

「さっきもお遍路さんに同じ物をお渡ししたんだけど、これ食べて下さい。」と売れ残りの弁当を差し入れしてくださった。

うわ~ありがたい゜+。(*′∇`)。+゜

しかも、おかず豊富な幕の内風田舎弁当、スパゲッティ、煮物、チラシ寿司、と計4パック!

これはビールが必要ですな~( ̄▽ ̄)

犬の散歩中のオッサンに、最寄りの酒店の場所を聞き出して早速買い出しです。

チラシ寿司は明日のご飯にとっておいて、豪華な夕食を楽しませて頂きました。

感謝m(_ _)m


ちなみに、今夜の道の駅泊の遍路は計3人。

私の他は、テント野宿のチャリ遍路の若者リュックの中は寝袋一つと楽器だらけで、多目的トイレ泊派の尺八兄さん

尺八兄さんはお寺で演奏し奉納しながら廻っているとの事。

いろんな人がいるもんだ。


最後に本日の心に残った言葉。

ありがとうの心をもてば

人にやさしくできます

人とも仲良くできます

ありがとうの心をもてば

新しい発見や出逢いがあって幸せになります

松尾トンネル手前の遍路小屋、ありがとうの心を持てば。

2008/05/14 09:12 てんやわんや王国遍路小屋、ありがとうの心を持てば。


歩行距離 21.2キロ

歩数 40772歩

お接待された物 タオルハンカチ、弁当各種


2018追記

道の駅みまの弁当お接待について

どこかの馬鹿者が、「早く弁当をくれ」と、厚かましくも自分からお接待を要求するようになったらしく。

2012年に廻った際には、すでにお接待は中止されていました。

厚かましさが過ぎると、結局自分の首を絞める事になると( ̄▽ ̄)








松尾トンネル手前の遍路小屋。正面外観。

コメントを残す