白浜海岸にて起床!

5時40分起床。

ちなみに、昨夜の寝床はこんな感じ。

2012/10/09 昨夜の寝床@白浜海岸の東屋

テントが張れるスペースも充分、椅子とテーブルもあるので便利、雨が降っても大丈夫!

前回の遍路でも白浜海岸で野営しましたが、こんな素敵な休憩所があるとは知らなんだw

(前回の白浜海岸泊の様子はこちら↓↓)

室戸まで60km

四国歩き遍路13日目〜土佐ノ国 修行の道場スタート!

2008年4月19日

自炊用具を持っていない山口君に、トミーちゃんから頂いたコーヒーを接待。

本日の寝場所予定は未だ定まらず、行けて佐喜浜近辺かな~という程度です。

全空さんからも寝場所候補地をあれこれ聞かせて頂くが、行ってみなきゃよくわからんw

チーム 酒・煙草」解散の予感も濃厚なので、皆で記念写真も撮りました。

2012/10/ 9 8:43 全空さん・ワタクシ・山口君

皆様つつがなくお元気で!(・∀・)



出発!

二人を見送り、ワタクシは9時30分出発。

本日より再び、一人旅を満喫します(・∀・)

室戸まではあと一泊!!

2012/10/09 室戸まで43km

・・・と思ったら、10時過ぎ、生見のコインスナックにて早速二人と再会ですw

ワタクシ
とりあえず、お前ら今から逆打ちをしろ!!(#`皿´)ノ

デンジャーゾーンに突入!

11時過ぎ、無法地帯として名高い野根地区に突入。

漁師のオッサンの集まりに呼ばれ、コーヒー、バターピーナッツをお接待して頂き→納め札を受け取って頂く。

やっぱ一人の方がツキが回ってくるぜ!(・∀・)

前回の遍路では「野根の部落はデンジャーゾーンだから気をつけろ」と聞かされましたが、案外良いとこで見直しました。

(その際の様子はこちら↓↓)

室戸まで81km。

四国歩き遍路12日目〜阿波ノ国 発心の道場終了!

2008年4月18日

昔は追い剥ぎ部落と呼ばれ、遍路を殺したりする事件もあったらしいですが、さすがに今はそんな時代じゃないみたいですからね~。

しかし、同集落内にある「東洋大師」に関しては乗っ取り事件を始め、無理矢理ご寄進させる話など評判は様々なよう。

前回「東洋大師」に立ち寄った時は、そんな雰囲気はサラサラありませんでしたが実際のところどうなんでしょ!?(;´Д`)


R55を南下!

漁師のオッサン達からのお接待後、またもや二人に遭遇。

うわ~、真昼間から缶酎ハイを呑んどるわ~( ̄▽ ̄;)

こんな感じで、抜きつ抜かされつつの行軍です。

行程自体は延々と続くR55海岸線をひたすら南下し続ける感じで。

煌々と輝く大日如来さんと、日差しを遮るものもない炎天下のアスファルト・・・。

ごくたまに現れる日陰が、唯一のオアシス・・・(;つД`)

ようやくたどり着いた「ゴロゴロ岩休憩所」にてモグモグタイム→12時20分出発。


東洋町から室戸市へ!

休憩所を出発して間もなく、室戸市佐喜浜町へと突入です。

 室戸市

  • 人口  1万1745人(2020年5月1日時点)
  • 面積 248.18㎢、人口密度 47.3人/㎢
  • 四国八十八ヶ所霊場の二十四番~二十六番札所、番外霊場 仏海庵がある
  • 枕崎市・串本町(潮岬)と並ぶ、台風銀座の一つ。全域が室戸ユネスコ世界ジオパークに指定されている。
  • 室戸岬の御厨人窟の波音は日本の音風景百選に選出。
  • 高知県内で最も人口が少ない市。

16時半、佐喜浜市街のスーパー到着。

全空さんの話によると、町を抜けて墓地を通りすぎた辺りで上を見上げながら歩くと、お堂があるという事ですが、さて如何なものか・・・。

スーパーのベンチにて、「誰かこの指止~まれ!」と考えていると一台の軽トラが目の前に停まりました。

中から出てきたオジサンに話しかけられ、ついでに近辺の野宿適地を聞いてみると・・・。

  • 佐喜浜港に人が泊まれる部屋があるけど、お遍路さんがすでに泊まっている。
  • 佐喜浜港の端っこに屋根付きの建物が有り。
  • 床屋を曲がって山の上に休憩所が有り。
  • 2㎞先のロッジおざき前の海岸にトイレ付き駐車場。

・・・という情報を聞き出す事ができました。

そんなわけで!本日の寝場所は通り道沿いにある「ロッジおざき前の駐車場」に決定!

(さすがお四国!困った時は即座に救いの手がやってくる!!)

オジサンは尾崎の人だそうで、車で乗せてってやるとのお申し出を受けるも、自力で何とかなる距離なのでお気持ちだけ頂きます。m(__)m



本日の寝場所決定!

寝場所に向かって歩いていると、こじんまりしたとした雑草だらけの空き地で全空さんを発見。

どうやら山口君も一緒のようです。

空き地内には、道路側からは見えない、海に面したお堂が建っていて、宿泊しても文句を言われない場所との事。

遍路のプロしかわかるまいレアな場所ですなw( ̄▽ ̄)

ロッジおざき前の砂浜は、サーファーが沢山来てるとテントを張れない可能性もあるそうなので、ワタクシも仲間に入れてもらう事になりました。

お堂の中は畳敷きで布団もあり、1~2人くらいは寝られる広さです。

他に寝袋野宿の女の子がいて、その子は買い物に行っているとの事。

それならば、ワタクシはテントを張る事に致しましょう(・∀・)


道民女子と遭遇!

数分後、戻ってきたのは先程「佛海庵」で休憩中に通りすぎていった女の子。

ご挨拶する前から、ワタクシが北海道から来たというのはバレバレで「20Kg近い荷物を背負う女」として、今回もあちこちで噂になっているようですw

そして、そういう彼女もまた北海道民だそう。

もしや、話には聞いていた岩見沢の人!?

正解!(・∀・)

さらに、紋別の女子も四国に上陸中らしいです。

ちなみに岩見沢女子は寝袋野宿ではなく「エマージェンシーシート&タオルケット野宿

電話ボックスやトイレで体育座りで寝る事も多いのだそう。

体育座り野宿・・・これまた、新しい手法ですw( ̄▽ ̄)


セイコーマートの裏事情

さらに、この岩見沢女子。

職場が倒産し失業中の身だそうですが、元々は岩見沢市内のお菓子屋さんで働いていたとの事。

で、そのお菓子屋さんの取引先というのが、100%セイコーマートだったそうで。

(セイコーマート=北海道を代表するコンビニ)

セイコマ的には、お菓子屋さんを子会社にしようと目論んでいたが、それを断ったが為に、取引を中止され→倒産に至ったとの事。

そこに至る前からも、110円のお菓子を80円で売れるようにしろ!と言われたり、質の悪い保存料を使わされたり、色々と泣かされてきたようで・・・。

旅人の味方のセイコマだけど裏では弱肉強食・・・案外汚い世界だったのですね~(;´Д`)

岩見沢女子は1日30~40㎞ペースで歩いているそうなので、多分今回きりの一期一会となりそうですが。

無事に結願して、新たな仕事も決まりますように!(・∀・)

今日は酒を飲まない日と決めていましたが、目の前にある酒屋の誘惑には勝てず、本日も飲酒w( ̄▽ ̄)

21時過ぎ就寝。


おまけ

2008年四国遍路での白浜海岸→佐喜浜町までの様子はこちらで。

室戸まで42Km

四国歩き遍路14日目〜危機一髪!!

2008年4月20日
室戸まで26km。

四国歩き遍路15日目〜土佐のいごっそう現る!

2008年4月21日

歩行距離  19.25㎞くらい
お接待された物 缶コーヒー・バタピー

支出

  • 発泡酒 240円
  • 米 500円
  • 牛乳 105円
  • キャラメル 124円

計969円

本日の日記はいかがでしたでしょうか?

次回は、ようやく修行の道場最初の札所に到着しつつ・・・。

人生初の〇▲×〇▲〇×〇デビューを果たします!!(人´∀`*).。:*+゜(高らかに宣言!)

お帰りの際は、清き2票を投じて頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 

つーわけで、To be continued!(・∀・)


ブログ村」と「ブログランキング」のランキングに参加中。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 

お帰りの際は、バナーを応援クリックして頂けると多々感謝!(それぞれ、1クリック=1票ゲット。順位向上にご協力お願いします)( ̄▽ ̄)





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください