海の駅とりむにて起床!

5時に起きたものの二度寝。

今日は濡れたサンダルやら何やら乾かして、ゆっくりしていきたいと思います。

そんなわけで、6時45分に改めて起床。

昨夜とは打って変わって快晴の物干し日和です。

全空さんは8時頃出発。

今日は吉良川の休憩所まで進むそうです。

ワタクシは10時過ぎ出発。

ちなみに昨夜の寝場所はこんな感じ。

2012/10/11 10:23 昨夜の寝場所@道の駅とりむの東屋

雨は吹き込みましたが、人の来ない快適な東屋でした。


二十五番札所へ!

二十五番前のコンビニで一休みしていると、男性遍路が一人やってきました。

神戸から来たそうで、今日は尾崎のバス停からの出発との事。

途中で、昨夜の雨でずぶ濡れになったJPSも見かけたそうです・・・(-_-;)

今日は身体を休めて洗濯や充電をしたいので、この辺の宿に泊まろうかと思っているとの事。

そこでワタクシ、閃きました!

先程見かけた看板で「ライダーズイン室戸」が1㎞程の距離にある事を!(※2020現在は閉鎖)

北海道のライハに慣れた身には、素泊まり3000円は信じられない破格の高さですが!?

それでもやっぱり、その辺の旅館に比べりゃ低価格。

そんな選択肢もあるよと、一応お伝えしておきます。

(北海道では、素泊まり布団無しで1000円くらいが妥当?※寝袋必須)



二十五番札所到着!

コンビニ休憩後、11時20分に「第二十五番札所  津照寺」到着。

2012/10/11 11:22 四国八十八ヶ所 第二十五番札所 津照寺 山門

宝珠山 真言院 津照寺
  • 宗派 真言宗豊山派
  • 創建 大同2年(807年)
  • 開基 弘法大師
  • 本尊 楫取延命地蔵菩薩
  • 四国八十八ヶ所第二十五番札所
  • 別称は津寺。本尊は弘法大師作。
  • 遍路用品の取り扱い有り

御真言 おん かかかびさんまえい そわか

御詠歌 法の舟 入るか出づるか この津寺 迷ふ我身を のせてたまへや

参拝、納経を済ませ、11時52分出発。

次の寺まで3.8km!(・∀・)


二十六番札所へ!

二十六番札所に向かって歩いていると、民宿うらしまの向かいに、ご自由にお使い下さいのトイレを発見しました。

建設会社の無人施設で水もある。

よく見るとシャワー室があって鍵も開いている・・・以外と穴場かも知れん・・・( ̄ー ̄)

※そこまですると犯罪ですw

13時15分、二十六番札所に向かう山道に入ります。

たかが標高差150m、600mの距離。

頑張れ自分!(>.<)


二十六番札所到着!

13時57分「第二十六番札所 金剛頂寺」に到着です。

(山道に入って42分後の到着)

2012/10/11 13:57 四国八十八ヶ所 第二十六番札所 金剛頂寺

龍頭山 光明院 金剛頂寺
  • 宗派 真言宗豊山派
  • 創建 大同2年(807年)
  • 開基 弘法大師
  • 本尊 薬師如来
  • 四国八十八ヶ所第二十六番札所
  • 別称は西寺。本尊は弘法大師作。
  • 奥之院は「行道不動」「池山神社」
  • 宿坊有り、遍路用品の一式取り扱い有り

御真言 おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

御詠歌 往生に 望みをかくる 極楽は 月のかたむく 西寺空

参拝、納経終了。

次の寺まで27.5km!(;´∩`)



紋別女子と遭遇!

二十六番札所境内にて、先程、山道でワタクシを追い抜いていった女子と再会し→ご挨拶。

話してみると、岩見沢女子から噂を聞いていた紋別の子でした。

紋別女子は体育の先生で、中東方面から帰国したばかりだそうです。(海外青年協力隊系?)

  • この先、研究的な分野に進むか、実践的な分野に進むかを考えながら歩いている最中。
  • 1日、30~40㎞ペースで歩き続け、10日後まで宿の予約はきちんと入れている。
  • 11月からヨーロッパ旅行が控えている為、45日以内に結願する予定。

・・・との事です。

ワタクシのように遊びで四国入りしてるわけではなく、信念を持って歩いているようで、なかなか恐れいりました。

さすが先生!真面目で素晴らしい!無理せず無事に結願して下さい!(・∀・)

今日は二十六番の宿坊に泊まるという紋別女子にいとまを告げ、ワタクシは今夜の寝場所を目指します。


本日の寝場所はこちら!

当初は全空さんの言っていた「吉良川の休憩所」まで歩こうと思っていましたが。

山を降り、目の前に道の駅を発見した途端に歩く気が喪失。

16時前だけど、もう移動はやめーー!

10㎞歩いてないけど、今日の行程終了ーーー!!

そんなわけで、本日の寝場所は「道の駅 キラメッセ室戸」となりました( ̄▽ ̄)


本日の行程終了!

とりあえず、道の駅が閉まるまでの間、その辺をフラフラと探検してみます。

2012/10/11 16:06 海洋堂かっぱ館のビラ

奇想天外なかっぱ館「海洋堂かっぱ館」@四万十ですって!

気になる~(・∀・)

近隣を徘徊した後は、道の駅の物産館で食料と酒を仕入れ~の・・・。

日も沈まないうちからのビール!

・・・贅沢じゃ( ̄▽ ̄)

2012/10/11 17:08 日没とbeer!

暮れなずむ太平洋。

2012/10/11 17:34 夕暮れの太平洋

その後、突如として暴風暴雨に襲われるワタクシ。

猛烈なストームに、テントが飛ばされないよう濡れながら闘ったりしましたが、本日も良い1日でした(・∀・)


おまけ

2008年四国遍路での二十五番札所→二十六番札所→寝場所までの様子はこちらで。

室戸まで10km。24番札所まで7km

四国歩き遍路16日目〜病院送り決定〜!

2008年4月22日
鯨御膳ご飯大盛り2400円

四国歩き遍路17日目〜高知の父との出会い

2008年4月23日

歩行距離 9.45㎞くらい
お接待された物 無し

支出

  • 賽銭 4円
  • 納経 600円
  • パン 105円
  • 焼き鳥 305円
  • おでん 200円
  • トマト2個 190円
  • 姫かつおにんにく 126円
  • 天ぷら 65円
  • ビール 440円

計2036円

本日の日記はいかがでしたでしょうか?

今回の寝場所「道の駅 キラメッセ室戸」は鯨料理が名物!

世界最大の哺乳類を様々な調理法で味わい尽くせます。

次回は、またもやプチトラブルに見舞われるワタクシ的な!?( ̄▽ ̄)

お帰りの際は、清き2票を投じて頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 

つーわけで、To be continued!(・∀・)


ブログ村」と「ブログランキング」のランキングに参加中。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 

お帰りの際は、バナーを応援クリックして頂けると多々感謝!(それぞれ、1クリック=1票ゲット。順位向上にご協力お願いします)( ̄▽ ̄)





4 件のコメント

  • いろんな事がありますね。でも、それが旅の醍醐味でもあると思います。夕日を眺めながらビール最高ですね。うらやましい限りです。北海道には梅雨がないと聞きましたが、本当ですか?
    道の駅はお遍路の人は野宿しても良いのですか?面白かったです。

    • 先日もお心遣いありがとうございます○┓ペコリ

      北海道には「蝦夷梅雨」という言葉がありまして、パッとしない天気が続く期間がそこそこあります。(湿気は少ないです)
      さらに、大雨で川が溢れる事もありますが、内地のような猛烈な水害は記憶の中ではないようです。

      でもって、道の駅は(お四国に限らず)日本一周チャリダー達も泊まってる事が多いです(さすがに都会は難しい)
      立つ鳥跡を濁さず・開店前に出発するが鉄則です( ̄▽ ̄)

  • こんにちは。野宿なんですね。
    勇気がいりますが、そこが四国なんでしょうか。
    出会いがあって、夕日のビール、いいですね。

    • あざーす!基本はテント野宿です。
      勇気が要るか要らないか・・・
      ちょうど良い事に、次回更新予定の日記がその件について語っておりましてw
      是非、ご覧ください!(来週アップしますw)

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください