ルゴーサエクスプレスにて起床!

本日からのミッションは、海岸線を離れて内陸へ。

今後は、着々と自宅ににじり寄る予定なので、今度こそ、「チーム“酒”」からの離脱となります。

9日間に及ぶ部活動(合宿)・・・良い思い出になりました。(ノД`)・゜・。

そんなわけで、本日もライダーの方々が去った後に出発です。

皆様も、つつがなくお家に帰れますように~(^_^)/~


R239天北国道を西へ

まずは興部からR239を通って→R40へ抜けてみたいと思いますが。

連日の酒で疲れが溜まり、1日寝てたいくらいに身体がダルいっす。(;´Д`)

興部→名寄のバスに料金2倍でもいいから、自転車ごと乗せてくれ・・・なんて想いも胸によぎりますが、それをやっちゃぁ話にならない。

とりあえず、30km程先の天北峠手前にある「道の駅  にしおこっぺ花夢」を目指しマス。

向かう道は、延々とゆるやかな上り道。

どうせなら、このまま下らずに、いつの間にかの峠越えを願ってやまない今日この頃。



興部町を抜けて、西興部村へ

西興部市街地を抜け、13時過ぎに「道の駅  にしおこっぺ花夢」到着。

多分、峠はまだ先かと思いますが、猛烈な睡魔に、このままじゃ峠越えもままならないと、道の駅入り口のベンチで爆睡。

ぼちぼちと人通りもあるようでしたが、そんなことかまっちゃいられねーっす!!( ̄▽ ̄)

風邪も二日酔いも寝れば寝るだけ楽になる!」とばかりに、小一時間程、睡眠を取り、ようやく体力復活です。

やはり日頃の体調管理は、「一に睡眠、二に睡眠。三四がなくて、五に食事」(・∀・)ノ


道の駅 にしおこっぺ花夢にて起床!

昼寝から目覚めて一服していると、昨夜、興部の「ルゴーサエクスプレス」で少し話した、ライダー兄さんと再会しました。

昨夜お伺いした話によると。

  • 煙草の煙の流れる方角に向かって、あちこち旅をし、北海道に到着。
  • その後、風向きが本州へ向かう事はなく、5年も道内に居座ってました。

という、胡散臭いような、胡散臭くないような、微妙な経歴の方で、今日は名寄方面を探索して、興部に戻る途中との事です。

あれこれ面倒なタイプだったので、特に話し込む事なく、会話終了。→道の駅出発。


西興部村→下川町を抜けて、名寄市へ

体調回復の後は、行き行きて天北峠です。

海岸線からの峠越えという事で、戦々恐々としていましたが、標高は300m、それほど斜度もキツくはなく。

終始ダラダラとした上り坂だったので、ワタクシでも何とか行ける感じ。

登ってしまえば、R239下川国道を延々と下るだけなので、夕刻頃には、わりと楽に名寄に入る事ができました。


熊出没にくまった(;´∩`)

R239~r939日進名寄線へ。

本日の寝場所予定地は、名寄市内にある「トムテ文化の森キャンプ場(無料)」です。

テント設営後は、4.5km程離れた「なよろ温泉サンピラー」に移動し、入浴券+定食セット(1000円)で、旅の疲れを癒す計画でしたが。

キャンプ場到着→管理棟に受付しに行くと、なんと!数日前に熊の足跡が発見されて、キャンプ場は全面閉鎖中との事。

そこを何とか!とお願いしても、「何かあった時に責任が取れない」と断られ。(そりゃそーだ)

しまいには、課長まで出てくる始末で、結局、キャンプの許可は得られず、名寄市内に放り出される羽目になりました。

まあ、今年は、熊に襲われて死ぬ人のニュースも目にしていますし、君子危うきに近づかずで仕方ないかー。(;つД`)


本日の寝場所はこちら!

こうなったら、十数km離れた「道の駅  もち米の里☆なよろ」でゲリキャンもやむをえまいと、疲れた体に鞭打って、来た道を戻ります。

r939を走り出し、名寄川を渡り、市街地に入って間もなく、道沿いで大き目な公園を発見しました。

大学公園」というネーミングからして、周りには学校や住宅が立ち並んでおりますが、時刻はすでに日没間際。

ゲリラキャンプ・・・やむをえまい( ̄▽ ̄)

(以下省略)

いそいそとテントを設営し→晩酌しつつ就寝。

トイレに貼ってあった、「警察の巡回強化中」の張り紙がちと気になりますが、朝早く発てば問題ないでしょう。

願わくは、職質なんかで睡眠時間を邪魔されませんよ~に!!

  • 走行距離  75.8kmくらい

現在のワタクシの順位はコチラ。できれば、両方ポチッとして頂けると多々感謝です!^^
にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください