熟睡できたけどテントは朝つゆでぐっしょり。

日光で乾かしながら身支度をしつつ、次の地にて旅立ちます。

本日は、R56沿いにある道の駅あぐり窪川にて、名物の豚マンを食べてから→37番札所岩本寺に到着の予定です。

ところが、道の駅の1km手前から分岐する、四国の道をゆく遠回りルートに迷い込んでしまい、道の駅には寄れずに終了・・・。

4km程無駄に歩いてしまいましたが、単調な国道の景色にはない、自然豊かな景色を眺められたと思えば・・・(´Д⊂

風光明媚な景色のつもり。

2008/05/03 11:17 風光明媚な景色のつもり。


窪川の町にてドラッグストアにお立ち寄り。

最近は、よほどの山道でない限り、スポーツサンダルで歩いているので、マメも出来ずに歩けていますが。

クッション性がないため長距離歩くには向いていないのが難点です。

関節の痛みも出てきたので、クッション性を高める中敷でサンダル改造足首サポーターで環境改善なり(・∀・)ノ

改造中、ドラッグストアに買い物に来たらしきおばちゃんから冷え冷えのジュースを頂く。m(_ _)m

2008/05/03 12:49 ごっくん馬路村。

これはっ!!( ̄□ ̄;)

以前から気になっていた馬路村公認飲料ごっくん馬路村ではありませんか~。

納め札をもらって頂き、一気にごくごく。

美・味・い!!

爽やかな酸味の中にほんのりとしたハチミツの甘さ。柚と蜂蜜の絶妙なハーモニー。

マジで美味いです。オススメ^^


37番札所岩本寺到着→参拝・納経終了。

次の38番札所までは87km先と四国歩き遍路旅での最長区間になります。

ま、のんびり行きまっせ(^ε^)

とりあえず、今後の予定は四国随一の濃度を誇る(らしい)佐賀温泉でゆったり湯に浸かる事〜!

毎日、炎天下の中、汗をかいてると、やっぱり3日目位で頭が痒くなってくるんですわ~(;´∩`)

遍路小屋もあるようなので、近辺で野営できたら最高です。


佐賀温泉までの途中の山道で、野宿仕様の女性遍路に出会う。

区切り打ち&荷物は7キロ位と言うが、女の子で野宿はアヤノさん以来初めて会いました(*^□^*)

行き先はワタクシと同じく佐賀温泉という事で、また後程と後を見送り。


そして佐賀温泉到着。

遍路小舎に寄り、今日はここのベンチでビバークというオジサン遍路がいたので挨拶を交わすと、「あなたは北海道の方でしょう?」といきなり素性を暴かれました。

「酒好きの人でしょう?」

はい、そうです・・・(^_^;)(昨夜の野営地で一緒だった兄さんからの情報?)

「七子峠の手前で倒れてたでしょう?」

休憩してただけですけど、多分・・・(^_^;)(山中で出会った髭の若者情報??)

「須崎の遍路小屋でパスタを茹でていたでしょう?」

あ〜。間違いなくワタクシですww(現場にいた関西のオッサン情報との事)

「あなたの事は噂になってますよ」と言われちょっぴり恐縮です(o´艸`)


オジサン遍路からは、佐賀温泉の隣のお土産屋さんは、18時以降に閉まるので軒先にテントを張れるという有難い情報もゲットし、今夜の寝場所決定〜!!

その後も、理論攻めであれこれと仏教について語りまくるこのオジサンに、教授という名を心の中で進呈( ̄▽ ̄)


そんなわけで、3日ぶりに入浴で〜す。

佐賀温泉の脱衣場で先程の女性遍路に再会。

彼女からも道行く人に「金髪じゃないの!?」とよくワタクシに間違えられると聞かされる(^o^;

人の三倍の荷物と遍路に似つかわしくない風体のせいかと思いますが、こりゃ悪い事はできねーなーと思いましたw


温泉から出てテントを設営していると、先程の女遍路さんから、教授がカレーを接待してくれるというお呼びがかかり、遍路小屋へ。

教授の家族の話や紆余曲折な生きざまを聞きつつ、3人でのささやかな晩餐会です。

カレーの他にも焼きエリンギやビールまでゴチして下さり、有難いというか申し訳ないというか・・・。

女性遍路さんは明日4時出発という事で早めに引き上げ、入れ代わりに朝から65km歩いて、ここまでたどり着いたという男性遍路がご到着。

母親の代わりに歩いているというが、ワタクシの3日分の距離を1日で歩き、食費は1日500円というのはマジ凄すぎでゴザイマス(>_<)

やはり遍路は十人十色。

適当な時間で就寝。


歩行距離 20.29キロ

歩数 39034歩

お接待された物  馬路村のジュース、カレー、エリンギ一袋、ブルーベリーのお菓子(以上3点教授より)


2018追記

本日分の追記は、極端に内容が薄い5/5の日記に回します(^_^;)








風光明媚な景色のつもり。

コメントを残す