北海道に帰るまで、あと3日・・・

そろそろ、旅も終わりに近づいてきました。

せめて、あと1日あれば、慶良間ダイビングにも挑戦できるのに~(;´Д`)

しかし、明日には相棒のアプリオちゃんともお別れ。

さらに、南下するに従って、交通量も増え、疲労感が募る予感大。

そして、SPF50の日焼け止めで、本格的な火傷は免れているものの、直射日光に当たりすぎたためか、腕に湿疹も出来始め、痛痒い状態です。(日光湿疹的な??)

やはり沖縄バイク旅。北国の人間的には、総合的に見ても、そろそろ体に負担がかかり始めている様子・・・。

さらに南下をし、余裕を持っての那覇入りを目指した方が良さそうです。(;´Д`)


r114~R449本部循環線へ

途中、天然記念物に指定されている塩川に寄ってみました。

こちらは、海水を含んだ地下水が、地上に湧き出している珍しい川との事で、世界でもプエルトリコとここの2ヶ所しか存在していないそうです。

2009/07/10 10:30 天然記念物の塩川

まあしかし、見た目はただの川ですから、ものの3分で見学終了~。(・∀・)



R449~R58へ

本部町から名護市を抜け、恩納村へ

おんなの駅 なかゆくい市場にて、以前から興味があった、いかすみ汁駅名物のムール貝のウニソース焼きを食す。

2009/07/10 13:01 いかすみ汁とムール貝のウニソース焼き

まあまあ普通に旨かったです(・∀・)


恩納村からは一気に南下

読谷村、嘉手納町、北谷町、宜野湾市、浦添市と順調に移動を続け、夕方には那覇市到着。

先日まで泊まっていたオリオンだと駐輪に困ってしまうので、ライダー&チャリダー歓迎と書いてあった駐輪場付ゲストハウスのベース沖縄へ今夜は赴きます。

ベース沖縄は、4F建ての規模のでかいゲストハウスで、宿泊者数もかなり多め。

ロンプラにでも載っているのか、多国籍な人種が集っておりまして、ワタクシがあてがわれたお部屋も他3人は外国の方でした。

シャワー、エアコンとも使える時間が決まっているのが難点ですが、こっちのゲストハウスって、だいたいこんなものなんでしょうね~(´Д`)


とりあえず夕食~

ベース沖縄にて、教えてもらった近くの食堂で豆腐チャンプルー定食の夕飯・・・。

450円とかなり激安でしたが、味が激不味。(`A´)

紅しょうがで誤魔化して、何とか腹に収めましたが、それでも半分は残す・・・。

久々にエサまがいのお食事でしたw

失敗!(;´д`)


そんな感じで宿に戻り、漫画を読みつつ、疲れて就寝。

やはり泊まるならオリオンだな・・・( ̄▽ ̄)

走行距離 85kmくらい


2018追記

ベース沖縄について

  • ドミトリー(4人部屋)~1泊1000円・1週間6500円・30泊25000円
  • 個室~シングル1泊3000円・ツイン1泊2200円・トリプル1泊1600円
  • チェックイン 16~22時、チェックアウト11時 門限なし
  • 調理器具、食器、コンロ、炊飯器、電子レンジ、ポット、調味料、珈琲、紅茶有り。
  • シャワー有り、コインランドリー有り、駐輪場有り、喫煙所有り、Wi-Fiフリー

参加してま~す。現在のワタクシの順位はコチラ。ポチッとして頂けると多々感謝!^^↓↓↓

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください