プロローグ

先日、ルイガノの『LGS-GMT』という自転車を購入致しました。

数週間に渡るツーリングにも対応できるように製作された、俗に言う「旅自転車」です。

もちろん、街乗りだってオッケーです。

当初は、ジャイアントの『グレートジャーニー』か、はたまた他のツーリング車かでずいぶんと迷いましたが。

まずは旅チャリ入門編として適当な価格、前キャリアの有無、デザイン等を考慮しコチラに決定。


日帰りサイクリングに出発!

そんなわけで、本日はmyチャリにて、初の遠乗り。

神居古潭』までサイクリングに行ってきました。

多分、家からだと往復45kmくらいなので、この夏の計画に向けての、まずは腕試しっつー事で。

そんなわけで12時51分に自宅出発。

天気は曇りときどき晴れ。気温28度くらい。

湿度はここ毎日、不快度指数が高く、70%~90%がザラ。

自転車に乗るには、25度以下曇り空、または若干肌寒いのがベストよなーと不満たらたらです。



アイヌ語地名も楽しむサイクリング

まずは、家の近くの『ウッペツ川』の河川敷を行けるとこまで行ってみましたが、数分走った『近文』で道は終了。

最寄のR12経由では、サイクリングロードに辿り着けない噂も聞いていたので、わざわざ、「ウエスタン川端」の裏まで回り道し「旭西橋の河川敷」を目指します。

アイヌ語地名①
  • 名称 ウッペツ川
  • アイヌ語 ut-pet(ウッ ペッ)
  • ウッ(肋骨)  ペッ(川)
  • 石狩川に直接流入せずに、オサラッペ川、または石狩川の旧流を経て、横から肋骨のような形で注いでいる川。(石狩川の支流の支流みたいな)
アイヌ語地名②
  • 名称  近文(チカブミ)
  • アイヌ語  cikap-un-i(チカㇷ゚  ウン  イ)
  • チカㇷ゚(鳥=ここでは鷹)  ウン(いる=棲む)
  • 鳥いる所。鹿さえも簡単につかんで飛ぶことができた大きな鳥が、嵐山の石狩川沿いの崖にいたという伝承があり、そこから石狩川右岸は広くチカプニと呼ばれるようになったそう。

13時9分「旭西橋の河川敷」に到着。

いよいよ『神居古潭』方面へ向けて出発デス!

車で行っても30分以内の場所に、気合入れるのもどうかと思いますがw

この道を行くのはかれこれ小学生以来。

まあカンベンしてくれ。( ̄▽ ̄)


旭川サイクリングロード入口到着!

13時21分『オサラッペ川』との合流地点で河川敷が終わり「サイクリングロードこちら」の看板を発見。

2010/07/02 13:21 サイクリングロード入口到着

向かった先の道は、R12が走る近文大橋の下を通り抜け・・・

R12からは行けない謎がこれで解りました( ̄▽ ̄)

アイヌ語地名③
  • 名称 オサラッペ川
  • アイヌ語 O-sara-pet(オ  サラ  ペッ)
  • オ(河口)  サラ(開いている)  ぺッ(川)
  • 河口が石狩川との合流点である事からついた名前。(O-sar-pet(川尻 葦原 川)という説もあり)

旭川サイクリングロードを行く!

森の木陰の雰囲気で、ちょっとした森林浴気分と思いきや、弓手にはとうとうと流るる石狩川、馬手には延々続く函館本線の線路。

たまに、釣りしてるおっさんがいたり結構飽きない風景デス。

ちなみに、この旭川市内~『神居古潭』を結ぶ「旭川サイクリングロード

市民にはお馴染みですが「旧函館本線跡」を利用して作られています。

北海道なんて、どこもかしこも廃線だらけなんだから、全部整備して繋げちまえ!なんて思ってみたり( ̄▽ ̄)


アイヌ語地名駅巡り

13時43分『JR伊納駅』に到着。

片田舎の無人駅で、日陰もなく暑いのでとにかく先へ。

アイヌ語地名④
  • 名称 伊納(イノウ)
  • アイヌ語 inun-o-pet(イヌン オ  ペッ)
  • イヌン(漁期の仮小屋)  オ(ある)  ペッ(川)
  • 鮭を獲るための小屋が、いくつもある川の意味。

14時4分『旧春志内信号場跡』に到着。

ベンチもあるし、トイレもトイレットペーパー付の簡易水洗だし、ここは休憩するにも良い感じです。

アイヌ語地名⑤
  • 名称 春志内(ハルシナイ)
  • アイヌ語 haru-us-nay(ハル ウㇱ ナィ)
  • ハル(食料) ウㇱ(多くある) ナィ(沢)
  • ウバユリ、行者ニンニクなど山菜が多く群生している沢。(食料を置いていく所だったという説もあり。)



神居古潭到着!

14時26分、本日の目的地である『神居古潭』へ到着~。

旭川八景にも選定されている景勝地です。

アイヌ語地名⑥
  • 名称 神居古潭(カムイコタン)
  • アイヌ語 kamuy-kotan(カムィ コタン)
  • カムィ(神) コタン(村)
  • 神の住む場所。神に祈りを捧げて通る場所。

神が住んでいらっしゃるなんて、なんともロマンチックな地名ですが。

神は神でも魔神の住処です( ̄▽ ̄)


古(いにしえ)の伝承の地『神居古潭』

ちなみに、アイヌの人々に伝わる伝承によると、

昔々、この場所には、大きな岩を投げ込んで、往来するアイヌを溺れさせようとした「魔人 ニッネカムイ」が住んでいたそうです。

これを見とがめて、岩をどかそうとしたのが「ヌプリカムイ(山の神)である熊

さらに「熊(ヌプリカムイ)」に加勢した、通りがかりの「英雄神サマイクル」が見事、魔人を退治する。

・・・という、カムイユーカラ(英雄叙事詩)の舞台になった地だそうです。


その他の伝承の地『神居古潭』

その他にも、心霊スポットとして有名だったり。

沈んだ死体は浮かび上がらない伝説があったり。

チョウザメが住んでいたという話もあったり。

4000万年前の大陸移動の最中、衝突して一つの大きな島になった西北海道島」と「東北海道島」のちょうど境目だったり。

そんな、ローカルな話題に事欠かない地でもあります。

プチトレッキングが出来るコースもありますので、ぜひお立ち寄り下さいみたいな!?( ̄▽ ̄)


神居古潭出発!

その後、さらに先にある、深川市の「納内」まで足を延ばし、Uターン。→帰途に着きました。

アイヌ語地名⑦
  • 名称 納内(オサムナイ)
  • アイヌ語 o-sar-un-nay (オ サル ウン ナィ)
  • オ(川尻)サル(葦原の)ウン(ある)ナィ(沢)
  • 河口に葦原が繁る沢

サイクリング終了!

とりあえず、のんびりではあるが、おおよそ時速15kmで走ってきた計算。

感想としては、兎にも角にも肩とお尻が痛いです。

自転車が体に合っていないのか?

ステムを取り替えるべきなのか??

それとも筋力不足なのか???

ケツパッド付のパンツを買えば解消されるのか????

などなど、思う所はたくさんあり、メンテナンスに関しても不安丸出しという事でw

チャリ旅に関しては、暗雲立ち込める予感。

この先どうなる!?

2019追記

旭川サイクリングロードについて

現在は、旭西橋~江神橋(r98旭川多度志線にかかる橋)の区間が、河川工事の為通行止め(2021年開通予定)

伊納ゲート~旧神居古潭駅舎の区間が、落石危険区間の為通行止め(開通時期未定)

江神橋~春日青少年の家キャンプ場、伊納駅を過ぎた辺りまでは、通行可能。

伊納~神居古潭間は、対岸に渡り、R12沿いの旧国道ルートを利用するようになってます。


現在のワタクシの順位はコチラ。できれば、両方ポチッとして頂けると多々感謝です!^^

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 



日常のあれこれと【四国歩き遍路2巡目(第二部)】はこちらで



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください