身支度を整え、部屋を掃除し、7時20分出発!

今日もツライ行軍は続きます。

焼山寺への歩き遍路道。

2008/04/11 07:52 焼山寺への歩き遍路道。

まあしかし。去年、何の準備も知識もなく、芦別岳という山に登りかけ→途中でリタイアしましたが、靴が違うからか今回の方が楽な気もしないでもなく。

2008/04/11 08:30 浄蓮庵(一本杉庵)にてお大師さんに出会う。像の背後に立つのが一本杉。

謎の干物。

2008/04/11 09:34 謎の干物。

当然ながら、昨日に引き続きの超弱足モードですから、何人もの11番出発のお遍路さんに追い抜かれつつ・・・。


昼過ぎに、ようやく焼山寺到着。(´Д⊂

納経後、和歌山の高野山で声をかけた兄ちゃんに再会。

彼は別格も合わせて廻っているそうで、また何処かお会いするかもね〜という事でお別れです。

次の13番まではルートにもよるが、20.8km。

明日以降の到着になりそうです( ̄▽ ̄)


というわけで、本日の宿泊地は!?

昨日今日と、結構な汗をかいたので。今夜は温泉にでも入って、ゆっくり疲れを癒したい!

焼山寺から10km程歩いたところにある神山温泉で入浴→温泉の裏にある農村ふれあい公園を寝場所にしようと思います!( ・∀・)


焼山寺山下山中・・・。

どうにもこうにも腹が減る。用意した食料は全て食い尽くし、何でもいいから胃に入れたいよ~とワタクシ。ヒダル神にとり憑かれたのか、飢え死に寸前です。

焼山寺なら、人が集まるお寺だから出店や茶屋など、何かしら口に出来るだろうという考えが甘かった。完全に食糧調達ミスです。今なら人様の畑の野菜だって、お地蔵さんへのお供え物にだって手が伸びてしまう自信で満々です。

「だ・・・誰か!ワタクシに食料を!!!!」

息も絶え絶え、ヨロヨロと歩いていると、おお!これぞお大師さんのお導き!!無人の直売所を発見!!!

これぞ天の助けとばかり、名物蒸し芋200円を購入!

こうして九死に一生を得る事が出来ました( ^ω^ )



さらに進むと鍋岩という集落に到着。

神山温泉への道筋を訪ねようと、バス遍路相手の直売所で寄ってみると「休んでいきなさい」とお茶とお菓子のお接待を頂き、「息子の嫁が北海道出身なんだよ〜」なんて四方山話をしながら休憩。

立ち去り際、お礼にお札を貰って頂くと、恐縮されながら、お菓子、さらに売り物のミカン5個、これまた売り物の梅干し一パックもお接待として頂いてしまう。

ありがとうございますm(_ _)m


ちなみにワタクシ。四国に来てからは、すれ違う人への挨拶が大事と己に課しているわけですが。

道端にて、ご挨拶したオジサンに今度は柏餅2つを頂いてしまう。

お礼を言うと、「俺、糖尿だからよぉ」との事。

ありがとうございますm(_ _)m

先程までの飢え死に寸前状態は何処へやら!?あれよあれよという間に食物が集まってきます。

まるで、求めよ!信じるものは救われる!!的な勢いですw


さらに道を進み、ようやく神山温泉残り3キロくらいのスーパーに到着。

当座の食料としてスパゲッティを買い込み、外に出ると・・・。

一昨日、ワタクシを鴨の湯まで案内してくれたハマコー似のオッサンに遭遇してしまいました!(四国歩き遍路3日目参照)

どうやらお墓参りの帰路だったようで、とりあえず神山温泉までの道程を教えて頂く。

さらに日本酒、ビールも頂く。

一番嬉しかったのは、四国四県の野宿遍路、野宿適地と無料宿泊所情報が記載されている一覧表を頂いた事。

あのオッサン、実はお大師様だったのかしら〜。と思うワタクシでありました・・・( ̄▽ ̄)


足を引きづりつつ、ようやく神山温泉に到着。

2008/04/11 15:56 神山スキーランドホテル内にある「日本超古代研究所」の看板。気になる!!

近くにある道の駅温泉の里神山で蕎麦を食べ、神山温泉ホテル四季の里に向かっていると、バス遍路のツアーバスが通って行きます。

中から数人が、ワタクシに向かって手を振っています。皆様からの応援にちょっと照れてみたり(*´д`*)


今日の宿泊予定地にたどり着きました。

温泉の裏の東屋で一服していると「私、さっきバスの中から手を振ったんだけど・・・」とおばさんが一人やってきた。

続いて「一人で廻っているの?」とか、「今日は何処に泊まるの?」とかお約束の質問。

答えていると「そうだ!良いものをあげる」とホテルの中に引っ張りこまれ、おばさんの宿泊している部屋へ連れ込まれました。

お茶をご馳走してくださり、極めつけはここの温泉の入浴券まで頂いてしまう。

うわ~これも有難い。でも入浴券には宿泊者専用と書いてあるが大丈夫なのだろうか!?

お礼を言って、おばさんとツレの方に納め札をお渡しする。

おばさんから、旅が終わったら連絡しなさいよと電話番号を渡された後、部屋を辞去させて頂きました。


飢餓から始まる怒涛の食糧接待、そして〆はお風呂まで・・・お四国パワーって凄い!

ホントありがたいです。

その後、疑われる事なく2日ぶりに入浴終了。

暗い中でテントを組み立て、就寝。

ちなみにココ、トイレと水はないようです。見つからなかっただけですけど。


本日の歩行距離 18.96キロ。

歩数 36464歩

お接待された物 お茶、お菓子、ミカン5個、梅干し一パック、柏餅2つ、日本酒、ビール、無料宿泊所一覧、温泉入浴券。


2018追記

神山温泉ホテル四季の里

日帰り入浴600円。10時~20時(10月~3月)10時~21時(4月~9月)第4火曜定休(祝日は営業)売店・レストラン有り。無料休憩室ありだそう。

で、参考までに。

ヒダル神とは〜

人間に空腹感をもたらす憑き物で、行逢神または餓鬼憑きの一種。主に西日本に伝わっているそう。憑かれるとされる場所は大抵決まっており、山道、峠、四辻、行き倒れのあった場所などが多いとの事。

山道、行き倒れがあった場所など出会ってもおかしくない該当地域ですが、現代風に訳すと「シャリバテ」( ̄▽ ̄)

日本超古代研究所について

日記中の写真、日本超古代研究所・・・。

Bスポマニアのワタクシ的に、遍路中で無ければ、いや、足があれば確実に寄ったであろう気になるスポットですが。

著作を探してみたら、アマゾンの中古品でのみ発見。

やはり、神山は神おわす地なのかもしれません・・・( ̄▽ ̄)


参加してま~す。現在のワタクシの順位はコチラ。ポチッとして頂けると多々感謝!^^↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 






浄蓮庵(一本杉庵)にてお大師さんに出会う

2 件のコメント

  • こな辺では極度の空腹を「ふだるい」といい、件の神様?のことは「ふだる神」と発音してますネ!

    • ふだる神=ひだる神。発音違いで同じ人ですね!
      阿波神山の看板・地域の歴史の古さ・神山や鬼籠野などの地名。
      密かに神秘的な何かがあるなと睨んでますw

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください