8時起床。

がっつり眠ったせいか体調は良好。

天気も快晴で気分が良い。

今日は、

  • 鳥沼公園のボートに乗りつつ。
  • 勇気を出して、くまげらのふらの和牛サシミ丼でも食べて。

自宅に戻ろうかな~なんて考えていましたが~。


佐藤さんと話しているうちに、目の前に登山口が控える、芦別岳の話になりました。

「10月に入ると紅葉が綺麗だけど、ガスがかかる日が多いから、景色を眺めるなら、今日みたいな日が一番」

と仰る佐藤さん。

単純なワタクシは、

「よっしゃーやってやるぜ!」

と、突如として登山モードに突入です。

幸いにしてスニーカーも持ってきているし、護身用に木刀もあるので杖代わりに調度よい。

ジャージ上下もあるので、漆もなんとか大丈夫だろうという事で、出発。


芦別岳登山開始~!

しかし、考えが甘かった。

黒岳や旭岳登山の経験はあるから余裕だろうと考えていましたが・・・。

さすが遭難・その他の事故が多発して、年に一度は人身御供を求めていると評判の山・・・。

芦別岳登山ちう。

芦別岳登山ちう。

登山口の慰霊碑は伊達じゃない・・・(;´Д`)

険しい岩肌、足を踏み外すと死に直結か??なんて崖。

自分の身長より遥かに高い岩壁をロープで這い上がってみたり。

芦別岳。ロープ場。

芦別岳。ロープ場。

まさに自然のアスレチック。

とほほ。(;´д`)


芦別岳登山中

まだまだ先は長そうです。

芦別岳登山ちう。

芦別岳登山ちう。

下山してきたおじさんに、

「もう挫けそうっす」

なんて話をすると、

「ずっと先に行くと半面山という山があるから、そこまで行ってきたら?」

と薦められました。

「その先は、出来立てホヤホヤの熊の糞がゴロゴロしているから~」

なんて話もされ、半面山まで行って帰る事に決定です。



半面山(1377m)到着~。

結局、半面山山頂から下った先、熊の沼まで足を延ばして折り返しました。

帰り道、頭上を飛び回るヘリコプター・・・。

もしや、また生贄か???((((;゚Д゚))))

まあ、遭難しなかったので良しとしよう( ̄▽ ̄)


半面山無事下山~!

ちなみに今回のルートはこちら。

私が挑戦したのは新道コースですが、もう少しで、山頂に到達できたようです。

芦別岳案内図

ここまでたどり着けましたの図。

教訓其の①

  • こういった部類の山に登る時はまずは足元から。
  • スニーカーでは正直辛いです。
  • 靴の中は激痛の嵐。

教訓其の②

  • 水は充分持ちましょう。
  • 900mlのペットボトルに詰めてきたものの、これでは足りない。
  • せめて、2Lは欲しいかも。

教訓其の③

  • そもそも、往復8時間はかかる山に、10時頃にノコノコ登っていった時点で大間違い
  • 下調べはしっかりと。

そんな感じ。


山部出発!

R38から、r298上富良野旭中富良野線~r291吹上上富良野線~r966十勝岳温泉美瑛線経由にて、上富良野町にある吹上温泉へ。

体中筋肉痛になるのはわかりきっている事なので、吹上露天の湯を旅の締め括りににしたいと思います。

相変わらず、人は多いが、水着の女の子も二人。

ワタクシも水着で入浴ざんす(*´∀`*)


帰りは美郷の名水をペットボトルに汲み、お土産に持って帰る。

さて、明日から仕事。

次回はどこへ向かおうか??

走行距離 108kmくらい


2018追記

芦別岳について

標高1726.1m。

新道コースは

  • 標高差 1401m
  • 登り 4時間20分
  • 下り 2時間50分
  • 難易度レベルは上級。

北海道・夕張山地のほぼ中央に位置し、富良野市・芦別市・南富良野町にまたがる山で、山頂は、富良野市と南富良野町との境界にあるそうです。

日本二百名山、および北海道百名山と北海道の百名山に選定されているとの事。

2014年の再アタックで登頂が叶いましたが、2007年の芦別岳アタックについては、無謀、山をナメすぎの一言に尽きます。

なんせ、足元はコンバースのスニーカーですからw

さらには地図やヘッドライト、合羽すら用意してない・・・( ̄▽ ̄;)

ちゃんとちゃんとの登山装備推奨の山デス。

吹上露天の湯について

TVドラマ「北の国から」で宮沢りえが撮影の為、入浴したことで一躍有名になった混浴無料露天風呂。

超有名鉄板観光地すぎて、追記する必要すら無し。

お湯は熱め、いつも混み混みです。

美郷の名水について

r966沿い、十勝岳の伏流水として人気があった、美郷の名水2017年5月で閉鎖

地権者と町との間の契約問題や、保存会メンバーの高齢化により、維持管理が難しくなった等の理由で、水汲み場の施設も既に撤去されているそうです。









芦別岳登山ちう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください