じんべえ広場にて起床!

6時起床。

昨夜、リエさんに持ってきて頂いた白飯が大量に分配されたので、今日のお昼ご飯用にと弁当箱に詰めこみます。

残りは、トミーちゃんから頂いた鮭茶漬けにの素で茶漬けにして頂く。

(トミーちゃんについてはこちら↓↓)

四国歩き遍路2巡目(第一部)12日目~再会!女子会!!

2012年10月4日

出発準備をしていると、リエさんが登場。

朝御飯に・・・」と、これまた大量の炊いたご飯と卵焼きを差し入れ頂き、さらに配給として分配されました。

その量、弁当箱二杯分。

こ、これは新手の罰ゲーム?( ̄▽ ̄;)

仕方ないので、卵焼きをオカズに先程詰めた弁当箱のご飯とさらにもう一杯分のご飯を無理矢理平らげ→残りを新たにお弁当にw

オイラもやるときゃやるぜ!( ̄▽ ̄)

(昨日の様子はこちら↓↓)

四国歩き遍路2巡目(第一部)38日目~帰還!

2012年10月30日


托鉢遍路に物申す!

昨日、リエさんに頼まれていた「お友達への納め札」をお渡しすると、托鉢遍路のオッサンも「どれ、私も」と札を出してきました。

それも、錦の札。

錦の札の方が良かろう( ̄ー ̄)ドヤ顔」とか言ってたけど、昨日は金って言ってなかったっけ!?

つーか、お前。金札も錦札もお寺の納経箱から他人様の札を盗んできたんじゃ・・・(;´∩`)

そもそも、托鉢とお接待でようやく生きていけるホームがレスの人達が、1枚何百円の錦札や金札を持ち歩けるはずがないわけだ。

人様の杖や札を自分の物にする=その人の業も背負う事になるとよく言うが、どうなんでしょ!?

ちなみに自分のロウソクに火をつける時も、人様のロウソクから貰い火すると業も一緒に貰ってしまうから良くないそうです( ̄▽ ̄)



さらば!水川さん!!

仕事に行くというリエさんと入れ替わりに、今度は池上さんと娘の舞ちゃんが登場。

しばらく世間話で盛り上がりつつ、9時50分、出発準備の整った水川さんを皆で見送ります。

2012/10/31 9:50 水川さん出発!

今日は中村方面に進んでいくそうです。

体に気をつけて!

早く、東北のボランティアに行けるようになる事を祈っております。

(水川さんについてはこちら↓↓)

四国歩き遍路2巡目(第一部)35日目~詩と短歌。そして宴。

2012年10月27日


さよなら以布利!

その後、11時から仕事という舞ちゃんと池上さんを見送り、ワタクシは10時45分に出発。

今日の目的地は、数日前に瀬降った「下ノ加江中学校裏の炊事場」で、わずか10kmの距離です。

それ以降の寝場所候補地となると、一気に30km近く歩かねばならぬので、翌日の事を考えてのチョイスですが。

あまり早く着きすぎると、隣で中学生が部活やってたり人目が気になるので、敢えての遅い出発だったりします。

ただね~、11時近い出発でもまだ早いのよね~。

理想は17時半くらいの到着なんだけど、どうすっかな~(;´Д`)


大岐海岸に到着!

本日の身の振り方に迷いを抱きつつ、1時間後には大岐海岸に到着。

サーファーと海亀に大人気!約1.6kmにも及ぶロングビーチです。

(四国遍路中、唯一の砂浜をゆく歩き遍路道でもある)

2012/10/31 11:48 大岐海岸

水深が非常に浅く、砂浜の傾斜が非常になだらかなので、押し寄せる波の幅が大きく、遠浅なのが特徴だそう。

砂浜に描かれたエロイムエッサイム。

2012/10/31 11:51 砂浜に描かれた・・・

何らかの召喚跡地かと思われw( ̄▽ ̄)

ここで、ボーッとサーファーでも見物するか。この先の遍路小屋で昼寝でもするか。それとも途中にある温泉で3時間程寛ぐか・・・。

しかし、温泉に950円は高いな~。一昨日入ったばかりだし。

・・・と、しばし迷いましたが、次にいつ風呂に入れるか判らぬ身

人の身で在りたければ、道沿いの風呂には入れ」がワタクシの鉄則です。

温泉行き決定~!(・∀・)



温泉到着!

12時半過ぎ、現代版湯治湯の「海癒」に到着です。

2012/10/31 「海癒」に到着!

ここがまた、えらくこだわりが強い温泉でして。

環境に配慮しているので、髪も身体も備え付けの自家製石鹸で洗ってくれという。

ロビーはこだわりのカフェ風インテリア。そして敷地内は全面禁煙。

脱衣場内には「自分で沸かして飲んでください、後片付けも自分で」とミネラルたっぷりの麦茶が用意され、庭には裸で寛げるベンチ。

禁煙というのがネックですが、客はワタクシ一人の貸切状態。

何よりも、料金をお遍路さん価格で700円に負けてもらったので良しとしよう( ̄▽ ̄)

温泉自体も、手作り感溢れる開放的な湯船。

2012/10/31 13:01 海癒の湯

岩盤浴もあり、気持ち良すぎて思わず仮眠。

庭で素っ裸で日光浴&弁当食べたりなど、かなり寛げる温泉でした。(オカズは納豆)

15時過ぎまでたっぷり休養を取り、帰り際にはご主人からミカンとお菓子のお接待も頂いてしまいました。

ゆっくりリラックスできたせいか、体が軽~い!(・∀・)

残り6km頑張るぞo(`^´*)


寝場所到着!

途中にあった、流木を組み合わせて装飾した家。

2012/11/ 1  流木の家

アートなセンスを感じます。

17時半頃、調度良い頃合いで「下ノ加江中学校裏の炊事場」に到着。

炊事棟に荷物を置いて→コンビニに買い出し後、テント設営。

2012/10/26 17:48 炊事棟にキャンプIN

椅子に座って一杯やっていると、先日の夜、犬の散歩にやってきた兄さんが、今度は子連れでやってきました。

お子様が釣りでデカイ魚を釣ってきたので、それを捌きに来たそうです。

自宅でやると鱗が飛び散って面倒なので、ここの炊事場を使う事が多いとか。

デカイ鯛を・・・

2012/10/31 20:25 お子様が釣ってきた獲物

捌き中。

2012/10/31 20:21 釣り上げたお子様

ワタクシも刺身をお裾分けして貰いました。

2012/10/31 20:48 お裾分けの刺身

日本酒に合って旨かったです(・∀・)

兄さんは一本釣りの兼業漁師だそうで。

近頃は魚が捕れなくなってきた事

高知県民の気性は東、中央、幡多近辺でかなり違ってくる事

などなど色々話してくれました。

兄さん方を見送り、21時過ぎ就寝。


おまけ

2008年四国遍路での「三十八番札所」から2日目の様子はこちらで。

叶崎

四国歩き遍路33日目~心霊スポットに泊ろう!

2008年5月9日

歩行距離 12.13kmくらい
お接待された物 食事・ミカン・お菓子・刺身

支出

  • 風呂 700円
  • 酒・ツマミ・牛乳・煙草など 2000円くらい

計2700円くらい

2020追記

海癒(Kaiyu)について

  • 利用時間 13時~19時
  • 定休日 火曜日
  • 入浴料 大人950円、子供(4歳~小学生)600円、歩き遍路700円
  • 岩盤低温サウナ有り、敷地内禁煙、体も頭も洗える無添加の純石けんを利用との事。

地下1000mからのヒドロ炭酸を多く含んだ「美人の湯」と、食塩泉の湯冷めしない「熱の湯」の良さをもった、湯治に最適な天然療養温泉。

「湯力」にこだわるため、源泉掛け流し。薪で湧かすことにより湯がまろやかになり湯冷めしないそう。

本日の日記はいかがでしたでしょうか?

「海癒」は1泊9千円~2万3千円の滞在型のコンドミニアム併設だそうです。

(※大岐海岸の写真に写る白いリゾートマンション風の建物)

次回、未知の場所への新たなる冒険が始まる!?( ̄▽ ̄)

お帰りの際は、清き2票を投じて頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 

つーわけで、To be continued!(・∀・)


ブログ村」と「ブログランキング」のランキングに参加中。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ 

お帰りの際は、バナーを応援クリックして頂けると多々感謝!(それぞれ、1クリック=1票ゲット。順位向上にご協力お願いします)( ̄▽ ̄)





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください