蜂の宿にて起床!

6時半に起床するも、二日酔いで体調は最悪です。

やはり90分飲み放題をトリプルでいっちゃったのが原因か・・・。 (4時間半飲み放題)

がっつり酒に飲まれてしまった事を反省しつつ、どうにもこうにも出発する元気はないので2度寝に突入(;´Д`)

8時起床で、なんとか復帰する事ができました。

酒は飲んでも飲まれるな!!


美瑛の丘めぐり出発!

乙女なオジサン以外、昨夜の面々の姿はとっくに無く。

9時半過ぎに、ようやくワタクシも出発デス。

今日はまったく初めて通る道、パッチワークの路コースの一部を攻めながら旭川へ戻る予定。

まずは「ケンとメリーの木」を眺めながら、美瑛駅から2.5km離れた「北西の丘展望台」へ。(所要時間25分、徒歩は25分)

併設する「農家の売店」でビン牛乳とコロッケを購入し、セイコーマートのフランスパンと合わせて、美景を眺めながらの朝の食卓。

冷たい風さえ吹いてなけりゃ、とっても優雅な気分デス。

※「ケンとメリーの木」~1970年代に日産スカイラインのCMに採用された撮影スポット。



さらに丘めぐりは続く!

朝食の後は3.2km先の「マイルドセブンの丘」へ向かいます。(所要時間30分、徒歩は48分)

昨日とはまた違った景色を眺めながら、気分はウキウキ。

さすが、日本一美しい村連合本部所在地だけあって、木々の立ち姿にでさえ、何かしら心打たれてしまう素晴らしさです。

2010/09/24 10:46 美瑛の丘めぐりにて。

素敵な風景がいたるところにありすぎるので、町全体を一まとめにしてmy北海道八景に認定します(・∀・)ノ

しかし惜しむらくは、携帯カメラがイカレている事。

これはあらためて「my北海道八景激写旅」を企画せねばならんと、強く心に誓うワタクシでした。

※「マイルドセブンの丘」~1977年にマイルドセブンのCMに採用された撮影スポット。


美瑛町から旭川市へ

「マイルドセブンの丘」を眺めた後は、R452経由でR237花人街道へ。

美馬牛方面などは、また次回のデザートにとっておく事に致しまして、今回の美瑛探索は終了です。

後は旭川に戻るだけですが、気になるのは空模様・・・。

ワタクシの頭上は青空が広がっていますが、後ろからは雨雲が迫り、前方にも暗々たる黒雲が・・・。

この気温でこの装備。

ここでずぶ濡れになれば、八甲田山死の行軍間違いなし((((;゚Д゚))))


戦々恐々と進む中、見事予想は大当たり~(^^)/▽☆▽\(^^)

濡れ濡れになる前に、なんとか屋根壁付きのバス停に逃げ込む事が出来ましたが・・・。

気温10℃で、裸足サンダルは如何なものか!?・・・というのが今回の教訓デス。

雨をやり過ごした後は、無事に旭川市内へ突入。

最近出来た巨大な本屋「コーチャンフォー」に寄り、自分への土産に「自転車のメンテナンス・オールカラー版(1600円+税)」を購入して帰途に着きました。

世界の珍スポットを紹介する写真集「奇界遺産(3800円+税)」にも食指が伸びましたが、これは我慢。

佐藤 健寿(著)  中国の洞窟村から、南米随一のUFO目撃を誇るUFO村、変態冒険家の変態博物館、フリーメーソンが作った城、狂ったディズニーランド、太平洋の呪われた遺跡などなど<芸術>と<オカルト>の融合が楽しめる一冊。

キチガイに刃物、ワタクシに本屋・・・あそこはデンジャーゾーンですw( ̄▽ ̄)

2010年旅、おわり。○┓ペコリ

走行距離 45kmくらい

2019追記

2010年の旅まとめ

  • 徘徊日数 37日(チャリ旅19日+カブ旅18日)
  • ライダーハウス 14泊
  • キャンプ場泊 9泊
  • ゲリラキャンプ 4泊
  • ユースホステル 2泊
  • 温泉大広間 1泊

と、こんな感じになりました。

(日数が合わないのは、いずれの旅も最終日は自宅着だから)


現在のワタクシの順位はコチラ。できれば、両方ポチッとして頂けると多々感謝です!^^

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください