7月11日(日曜日)

本日は層雲峡方面へ、一泊二日のプチチャリ旅に挑戦デス。

しかし、層雲峡温泉街までは70kmくらい。

すでに昼過ぎなので、辿り着くのは無謀な予感。

とりあえず第一目的地→層雲峡温泉街。

第二目的地→上川にあるライダーハウスち炉りん村っつー事で13時出発~。

一泊二日だけど、腕試しなのでフル装備に近い感じで行っちゃいまーす。(・∀・)


プチチャリ旅に出発!

まあ、本日もご多分にもれず炎天下な日和。

まずは、ホーマックにて、中距離チャリ旅について、かねがね考えた必要品。

  • 万が一の際のパンク修理キット
  • 自転車油
  • 部屋の4隅4プッシュで蚊がいなくなる画期的なスプレー

を購入し、店裏にある河川敷からいよいよスタートなり!( ̄▽ ̄)

ちなみに今回のルートは、「旭川層雲峡自転車道」と申しまして。

ゆくゆくは永山方面から比布町~愛別町~上川町を網羅し、層雲峡に至る一大自転車道となるようですが、今は中愛別までしか完成してないそうです。



中愛別到着!

えっちらおっちらと石狩川河川敷を漕ぎ続け、15時過ぎにようやく中愛別到着。

そこでひとつ、ビギナー的な今更ながらの感想として。

チャリは徒歩の次にやり遂げた感が大きい。

しかし、ルートを外れてまで、どこかに寄ろうという遊び心がおきないのが、ある意味難点ですなー( ̄▽ ̄)

ワタクシの力不足なだけですけど(;´∩`)


中愛別からは、R39に合流し、幹線沿いにある「39ドライブイン」にて舞茸ラーメンで腹ごしらえざんす。

ツーリングマップルにも載っている店ですが、味はフツー。

魚介系スープの臭みが、ちと気になりますが、腹ペコ青虫的には、チャーシューが塊肉だったので許すw( ̄▽ ̄)


そろそろタイムリミットです

さて、時間はすでに17時近く。

終始ユルイ登り坂のせいか、推定時速は10kmちょいってとこです。

層雲峡は、まだ40km近く先なので、第二宿泊予定地である「ち炉りん村」に目標を変更します。

そしてさらにユル坂を進み、上川町日東にある「ライダーハウスち炉りん村」到着。

腰も痛い、肩も痛い。さあガッツリ寝るぞー!!と思いきや。

なんと閉鎖中だったのデス( ̄□ ̄;)!!

ミッション終了ーーー!

ワタクシ、小ピンチーーーー!!(>_<)


こんなことならば、層雲峡に行くのなら乗せて行ってあげるよと声をかけてくれた、上品そうな老夫婦の言葉に甘えて逆ヒッチに乗っておくんだったわ(;_;)

(ち炉りん村が目前だった為、お断りした)

どこが寝場所になるか定かではないが、フル装備してきてマジで良かったデス( ̄▽ ̄)


寝場所探しも一苦労!

層雲峡の立体駐車場でビバークするか?(約18km先)

少し手前の青少年旅行村でキャンプか??(約10km先)

しかし、裏道のない河と山に挟まれた一本道。

ちょうどこの先、歩道もなくなり路側帯も極端に狭くなります。

さらに、時刻は逢魔が時。

観光バスやらトラックやら交通量はハンパないデス。

というわけで、撤退っつーか転進決定(_´Д`)



R39を転進!

上川町の入り口にて、何とかオートキャンプ村という看板を目にしていたので、まずはそちらの様子を見てみる事にしました。

しかし、オートと名のつく場所が安値だったためしがない。

本州なんて、一泊ウン千円は珍しくないですし。

しかも、間違いなく私設だし。

あまりにも高ければ、その辺の公園か河川敷でゲリキャンでもいいやと考えつつ・・・。

今までは、あえてスルーしていた「上川ファミリーオートキャンプ村」に到着です。


キャンプ場到着~

料金表を見ると、チャリとバイクはテント一張り1000円と、ちょっぴり高めの設定です。

まあしかし、この際仕方ないので、今夜の宿泊地はこちらに決定という事で。

何はともあれ、無事に寝場所が見つかって良かったなと(;´Д`)


・・・と、ここで話は横道に逸れますが。

実はワタクシの親が、上川町の出身でございまして。

当然、擦れ違ってもわからないような親戚も、いくらか町内に在住しているのは間違いなく。

受付で、キャンプ料金の支払いをしつつ、それとなく探りをいれてみると。

なんと!ここのオーナーさん、ワタクシの曾祖母の兄弟の息子だそうで!w

町が狭いのか、世間が狭いのか(;´∩`)

とりあえず、ワタクシは孫みたいなもんだって事で宿泊費もタダにして頂き、感謝×2の結果となりました。(・∀・)


今夜の宿泊地情報

本日の宿泊地、「上川ファミリーオートキャンプ村」ですが、おじさんの趣味で始めて20年。

コテージあり、露天風呂あり、コインランドリーあり。

さらに、屋内の炊事場は、冷蔵庫やテレビ完備で、テントも張れちゃうデラックスな環境です。

トイレも簡易水洗だけど、とってもキレイで、細かなところで気の利いたキャンプ場になっております。

場所柄、登山客が多いそうですが。

アッラーへの礼拝をするのに、場所を貸して欲しいと駆け込んで来たイラン人のイスラムグループや。

モンゴルから来て1ヶ月滞在した、一夫多妻制の舞踏団など、グローバルな客層もまた多いそうです。

御年70才で、夫婦で頑張って維持してるのがすごいなと思いました。

これからも元気で頑張って頂きたいです。

室内炊事場にテントを張らせて頂き、感謝の気持ちで就寝。


7月12日(月曜日)

未明から大雨が降り始め、困った!

昨夜は、屋内炊事場にテントを張らせてもらったので、被害には遭わなかったものの。

さすがに、この天気で帰るのは躊躇するレベルの大雨です。

当初の天気予報では、今日の午後から雨のような雰囲気だったのに気象庁の嘘つきめ。(;´Д`)

帰りはヒグマに囲まれてくまった体験なども考えていたのですが、また次回への課題となりそうです。

結局は、小降りになるのを見計らい、時には橋の下で雨宿りしつつ、騙し騙し帰るのがせいぜいでした。

朝9時出発→14時過ぎに自宅着。

サイクルコンピューターが欲しい、今日この頃。

走行距離  1泊2日で104kmくらい

2019追記

上川ファミリーオートキャンプ村について

  • 開設期間 5月上旬~10月末
  • チェックインは10~18時、チェックアウトは翌10時(22時でゲート封鎖)
  • 入村料 大人350円、小人200円、ペット一匹350円
  • 屋内キャンプ 大人1000円 小人500円
  • オートキャンプ 一台1500円~
  • バイク・自転車は入村料込で1000円
  • 水洗トイレ、売店、自販機、シャワー、ランドリー有り、ゴミは有料で受け入れ、バンガローも有り
  • 上川市街地まで500m、キャンプ場内に家族風呂あり(350円)

至れりつくせりの設備が整ったキャンプ場ですが、その後泊まる機会もなく、現在の管理状況は不明です。


現在のワタクシの順位はコチラ。できれば、両方ポチッとして頂けると多々感謝です!^^

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください