潮岬キャンプ場の朝

朝の日射しが辛かろうと思い、せっかく木の影にテントを張ったのですが、今朝はあいにくの曇り空。

昨夜のギャングどもの姿もなく、一人黙々と朝食を取るワタクシ。

・・・と、散歩中と思われる、ジモティのオジサンに声をかけられました。

キャンプ場の近くにお住まいというオジサンは、日々キャンプ場を覗きにくるのが日課。

旅人好きな方のようで、ここで知り合った旅人たちのメッセージをノートにあれこれ収集しているそうです。

ワタクシにも、あれこれ世話を焼いてくれ、このままだと夜道やトンネルは危険だよ!と、反射テープを持ってきてくれたり。

最南端の碑まで案内して頂きながら、写真を撮ってくれたり。

短い朝のひとときでしたが、お世話になりました。m(__)m

本州最南端の地で無料のキャンプ場でもある事から、さぞかしライダーに人気の地だろうと思っていましたが、さもありなん。

ここで越冬する人がいるのも解る気がしました( ̄▽ ̄)


r41潮岬周遊線からR42熊野街道(大辺路)へ

まずは、先程の世話好き地元オジサンおススメの「橋杭岩」にお立ち寄り。

海岸から大島に向かって、約850mに渡り、大小40余りの奇岩が一直線に林立しています。

その規則的な並び方が橋の杭に似ていることから、橋杭岩という名前が付いたそうです。

そして、橋杭岩を通して見る朝日が、これまた、とても美しいと評判らしく、日本の朝日百選国の名勝天然記念物にも指定されているとの事。

さらに、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋をかける賭けをして、一夜にして立てたという伝説も残る、お大師さん好きには堪らない所縁の地でもあるようです。



串本町から那智勝浦町へ

那智勝浦町は、日本屈指のマグロ延縄漁業基地として有名で、生鮮まぐろの水揚高では、勝浦漁港が日本一の量だそうです。

一昨日、川湯のキャンプ場でお会いした、京都兄さんにもここのマグロは一押し!と薦められていたのですが。

まだ午前中で、お腹が減ってないので却下。

マグロはこれまた日本一のマグロの産地、大間に、いつの日かたどり着くまでお預けざんす( ̄▽ ̄)


三重県に突入!

太地町に入り、再度、那智勝浦町へ。

さらに新宮市を抜けて、いよいよ三重県に突入です。

紀宝町に入ったあたりで、またもやエメラルドグリーンな南国的海景色とご対面。

2009/09/09 エメグリな海

緯度が同じ海岸沿いの町は、雰囲気や景色がなんとなく似ている・・・と、常々思っていましたが。(北海道でいうと、留萌と網走みたいな)

この辺りは、昨日感激した白浜町と同じような緯度。

気のせいな確率も99%ほどありますが、似てる説、ホントのとこどうなんでしょ!?


ウミガメの裏事情

三重県に突入して間もなく、道の駅 紀宝町ウミガメ公園にてしばしの休憩です。

まずは、物産館にて購入のみかんじゅーすにて一息。

2009/09/09 11:08 みかんのしずく

三重県産の温州みかんをギュッと丸絞りにした、無添加ストレート100%天然果汁の一品です。

2016年のG7伊勢志摩サミットにて各国の記者にも提供されたんだそう。(※2018調べ)


さらに、道の駅の敷地内には、海亀についての小さな資料館があったので、しばし見学してみました。

まずは、プールで泳ぐ、美味しそうな海亀。

2009/09/09 11:18 ウミガメ公園にて海亀をパチリ。

甲羅を鍋にして、ぶつ切りの亀を煮込むと即席亀鍋の出来上がり!?( ̄▽ ̄)(嘘です)


展示してあった資料によると、「テレビのニュースなどでたまに見かける、子亀の放流」

どうやら、亀にとっては、かなり大迷惑な話らしいです。

理由としては、

  • 子亀は、夜に孵化してから10時間が体力の充実している勝負時。
  • 人間サマの都合上、昼間に放流され、子亀的にタイムリミットが過ぎている場合が多い。
  • よって、せっかく放流されても、すぐに力尽きてしまう子が多い。

・・・という事でした。

勉強になったので、亀募金に少しばかりの寄付をして先を急ぎます。



R42→R311を抜けて、再びR42へ

御浜町、熊野市、尾鷲を北上→紀北町に入り、ようやく道の駅紀伊長島マンボウに到着です。

ここで、マンボウの串焼きを食すのが本日のミッションでしたが、すでに売り切れで残念無念・・・(;´Д`)

(実は土日にしか売っていないそう)

しかし、さすがにお腹も減ったので、海鮮丼で妥協し、ようやくのモグモグタイムです。

2009/09/09 14:52 道の駅紀伊長島マンボウにて海鮮丼

まあ、普通に美味い。


R42→R260をさらに北上

紀北町、大紀町を抜けて南伊勢町へ。

そろそろ午後も遅くなってきたので、今夜の寝床を探さねばなりません。

できれば、明日向かう予定の伊勢神宮になるべく近い所で。

夜道を走る覚悟で、鳥羽のライダーハウスにTELしてみるも、実家に帰っているとの事で休業中。

かといって、寝る為のテントを張るだけの為のキャンプ場で、1000円以上は出したくない。

しばし地図とにらめっこ・・・今夜の寝床は、道の駅伊勢志摩でこっそり瀬降るに決定デス!!(・∀・)


R260→r16南勢磯部線からR167鳥羽道へ

南伊勢町を抜けて、志摩市に突入。日が沈む前に、道の駅伊勢志摩にたどり着く事が出来ました。

なんせ、闇に紛れてコッソリとゲリキャンの予定なので。

道の駅が閉まるのを待っていると、道の駅で働いているらしいオジサンがやってきて、「今日はここに泊まるの?」と話しかけられました。

Σ(・ω・ノ)ノ!!なぜ、バレた!?


そんなわけで、こっそりとテントを張る計画は頓挫しましたが、このオジサンが、これまた良い人で、

「ここだと水もあるし、車が入ってこないから」

・・・と、テントを張るに良い場所を教えてくれたり。

「今の時刻だと、ちょうど良く夕刻時の英虞湾が望めるから」

・・・と、近くの展望台を教えてくれたり。

伊勢志摩ステーションホテル(道の駅伊勢志摩)・・・なかなか素敵な環境です(人´∀`*).。:*+゜゜+*


イセエビとアワビの裏事情

とりあえず、オジサンおススメの展望台へ向かってみます。

展望台から望む英虞湾は、なかなか素敵な景色でした。

ちなみに、オジサンから聞いた話によると、

志摩市の名物である、高級食材の伊勢海老とアワビ。

観光情報の写真では一緒に写っている事も多い両者ですが。

  • アワビの旬は初夏~初秋(6~9月)
  • 伊勢海老の旬は秋~初春(10~3月)

・・・と、旬の時期がそれぞれ違うので、あれはインチキ写真だとの事でした。

ウミガメの裏事情に引き続き、とても勉強になりました( ̄▽ ̄)

近くのコンビニでツマミとビールを買い込み晩酌→就寝。

走行距離  228km

2018追記

海亀料理について

地球上に生息しているウミガメは、全種が絶滅危惧種で、ワシントン条約により国際取引も規制されているそうです。

海亀→食料ネタにするのは、ちょっと問題アリかなと思いましたが。

なんと!小笠原諸島では、正々堂々とウミガメを食する事が出来るそうで!!

捕獲できるのは、年間135頭までと規制はあるものの~。

亀煮や亀刺し、亀寿司、亀カレー、はたまた、亀の卵使用のクッキーなど、多彩な亀料理を味わう事が出来る様子。

小笠原諸島・・・。東京から1000km、船で24時間(往復5万円)・・・。

さらに、調べてみたら全島キャンプ禁止・・・。( ノД`)

海亀料理、なかなかハードル高いですw

※沖縄県八重山諸島でも食す事ができるそう。



現在のワタクシの順位はコチラ。できれば、両方ポチッとして頂けると多々感謝です!^^

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください