暑さで目が覚め起床。

東海岸沿いの砂浜野宿は、6時頃には寝てられなくなります。

今日はやんばるの森をさらに北上し、沖縄最北端を目指す予定。

この辺りでは車や民家も少なく、暑さを抜きにすれば、気分は北海道の山の中ツーリング。

専門家が見れば、山の植生云々と言われるかもかもしれませんが、ワタクシ的にほとんど変わらんっつー事で( ̄▽ ̄)

2009/07/08 08:51 道中購入のパイナップル。


R331~r70国頭東線へ

東村を抜け、国頭村に入ります。

北部では、アメリカ軍がヘリの発着場を作る予定が進んでいるらしく、あちこちでヘリパット建設反対の看板が見受けられます。

ヤンバルクイナ飛び出し注意

2009/07/08 10:13 こちらは、ヤンバルクイナ飛び出し注意。

そんな中、ワタクシの心に残った看板の文面は・・・。

『ヘリパットよりも肩パット』

そうだー!その通りだーー!!(万雷の拍手)

今日見た看板で一番、心に響きました( ̄▽ ̄)


r70~R58へ

奥集落の商店向かいの食堂にて昼休憩。

奥集落のソーキそば

2009/07/08 11:03 奥集落のソーキそば。肉が美味し!!

客の姿も無く、なめてかかってましたが、ここのソーキそばの肉が美味い。

沖縄に来てから、そばは何回か食しましたが、軟骨まで程よく煮込まれた感が高得点デス。

おかげさまで、汁まで全て飲み干せました(・∀・)


沖縄本島最北端の辺戸岬到達~。

南部と比べて、北部の人口密度が極端に少ないせいか、ここも海の色が綺麗です。

さて、ここ辺戸にも琉球開闢七御嶽の一つがあるそうで、岬から近いという事もあり、寄ってみる事にしました。

地元の人に登山口の場所を聞き、たどり着いたのは四国の遍路転がし以上の結構な鎖場

2009/07/08  結構、急斜面。

意を決して登り始めたはいいものの、気分はなんとなくロッククライマーざんす~(´Д`)



またもや霊感オジサン登場!?

途中の岩場で休憩中のオジイに会い、ご挨拶。

話してみると、話し方、声の質からオバアと判定。

間違えてスミマセン○┓ペコリ

しかし、赤子と年寄りって、どうしてこう、性別が判りにくいんでしょうねー。(^_^;)


そんなわけで、オバアとしばし四方山話。

オバアの家は、先祖代々、病気を治す医者の家系だそうで、今日も人から頼まれたので、御嶽へパワーをもらいに来たとの事。

それは、医術ではなく、呪術とか祈祷と呼ばれるジャンルかと・・・( ̄▽ ̄)


オバアに、名前をフルネームで聞かれたので答えると、すかさず、

「あんたは霊感ないね!」

という返事が返ってきましたw

それはもう、沖縄に上陸してから、さんざん言われ続けてるので、充分すぎるほどわかってるざんす~(´Д`)

恐るべし沖縄!ノロ、ユタ系が至るところに転がってます!!

ちなみに前回の「霊能者にあんた霊感無いねと指摘された履歴」はこちらw↓↓

沖縄旅7日目~グスク巡りと、またまた霊感オジサン!

2009.07.05

オバアと別れ、さらに上へ。

まだ半分もあるってよ。

トホホ・・・(;´д`)


ますます急になる斜面、命の心配をしながらもようやく頂上の辺戸安須森御嶽に到達です。

何も遮る物もない頂き。

2009/07/08 13:24 御嶽から森と美ら海を望む。

やんばるの森と海を360度見渡せる素晴らしい景色ですが、なにしろ太陽が容赦なく降り注ぐもんですから。

到達感の余韻に浸る間もなく撤収でーす。


地上につくと、さっきのオバアがいて水とお菓子で労ってくれ、さらに四方山話。

「笑うかもしれないけれど、うちは代々星を信仰している家系でね・・・」

・・・云々など、色々と話を伺う事ができました。

そのうち、

「昔の彼女は外国人でね~」

なんて話に及び・・・

ちょっと待て!結局、男かい( ̄□ ̄;)!!

オジイよ、すまんかった・・・(__;)

性別を判断するってのはつくづく難しい事ですねー。(^_^;)


南下開始!

一通り見るものは見、あとは南に下るのみです。

R58にて国頭村から大宜味村、さらに名護市まで一気に南下。

r110~r248屋我地仲宗根線にて今帰仁村へ。

そんでもって、R505本部循環線~r114で本部町を目指します。


ちなみに、沖縄本島の長さは約120km。

一周しても300km行かないくらいなので、回ろうと思えば、2日あれば簡単に一周できてしまうそうです。

考えてみると函館がある渡島半島より小さい島なんだよなー。

縮尺が違うせいか、マップを見ながらでも感覚が狂います。

結局、日も暮れないうちに本部半島まで一気に下ってしまう事が出来ました。


今夜の寝場所はこちら~!

本日のお宿は、一泊2000円のMOTOBUゲストハウスで、今回も二泊の予定です。

2009/07/08 18:14 宿近くの道

ちなみにMOTOBUゲストハウスは、天下の美ら海水族館の程近くにあり、ワタクシが泊まった際の長期滞在者は皆、美ら海水族館にバイトに来ている内地の学生さん達でした。

皆様、将来は水族館関係で働きたい!という夢を持ち、その手の大学に通われているそうです。

というわけで、ワタクシも明日は水族館に入り浸りたいと思いま~す!

楽しみ!!(・∀・)

走行距離 127kmくらい


2018追記

辺戸御嶽について

辺戸岳(標高248m)

琉球開闢七御嶽の一つで、安須森御嶽とも呼ばれる。

アマミキヨが久高島に降臨したのち、最初に創造した第一の聖地がこちらです(諸説有り)

神名は、「カンナカノ御イベ」

OKINAWA   MOTOBU  ゲストハウスについて

男女別ドミトリー。

1泊  2000円、7泊  12000円、30泊  40000円と長期になればなる程お得。

冷蔵庫・電子レンジ・トースター・炊飯器・テレビ有り。洗濯機は200円(洗剤付き)


参加してま~す。現在のワタクシの順位はコチラ。ポチッとして頂けると多々感謝!^^↓↓↓

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください