味処  西陣にて起床!

朝食は、昨日買っておいたハンバーグドーナツ。

多分、即効でお腹が空く予感w( ̄▽ ̄)

大阪のご夫婦と話したりなんだりで時間が過ぎ、本日は9時半出発と遅いスタートです。

今日も昨日に引き続き、R235浦河国道を西へと向かいます。


R235を西へ!

走り始めて最初のセイコーマートに差しかかった時、2日前に別れたはずの恵庭チャリダーが後ろからやってきました(-_-;)

とっくの昔に、先へ進んだものだと思っていたのにビックリですw

神様!目新しい出会いをワタクシにください・・・(´Д`)

セイコマに寄るから~って事でお別れしましたが、神出鬼没というのはあヤツの事かもしれませんw

しかし、今日でホントにおさらばさ!

(ちなみに恵庭チャリダーについてはこちら↓↓)

北海道一周チャリ旅(第二部)15日目~恵庭チャリダー三昧!

2011年8月7日

更に先に進んでいくと、今度は軽トラの兄さんに呼び止められ、苫小牧まで乗せてってあげるとのお申し出です。

有難いお話ですが、四国遍路の時と一緒で車接待だけは、断らざるえない身・・・。

それに、苫小牧に行く用事もないですしww( ̄▽ ̄)

多分、これからフェリーで帰るんだろうなと思われたのかもしれませんが、ワタクシ、行き先は旭川ですw

お気持ちだけ頂きつつ、再出発。ありがとうございますm(__)m



日高町からむかわ町へ!

10時半過ぎ、むかわ町に入り、ここからはr10千歳鵡川線にて内陸に向かいます。

・・・ということで!

北海道一周区切り打ちチャリ旅」の第2楽章はむかわ町にて終了デス!!

次回のチャリ旅はここから再スタート。続きはまた来年以降っつー事で。

楽しみが長く続くというのは良きことかな~(・∀・)

しかし、お家に帰るまでが遠足!まだまだ油断はできません!!

チャリ旅はもう少し続きます。


むかわ町から厚真町へ!

r10を岩見沢方面に向かって北へ北へ。

進むごとに、何だか体が重くダルダルな感じです。

途中の豊丘という地区で、小さな公園とベンチを発見したので、鉄則に従ってとりあえず仮眠。

最近エスカップづいてるし、そろそろ疲れが蓄積されつつあるのかもしれませぬ。(;つД`)

小一時間程休養をとった後、再々出発しましたが。

進むにつれ広がっていく青空と、みるみる上がっていく気温が、正直憎いザンス~(´Д`)


厚真町から安平町へ!

14時半過ぎ、R234由仁国道と合流。

更なる北上の途中、安平町追分にて「赤いひまわり畑」への案内板を発見しました。

0円マップによると、この先、4km離れた「鹿公園」では1000本以上の赤いひまわりが咲き乱れているようです。

ちなみに「赤いひまわり」はメキシコ・中南米原産のチトニアというのが正式名称で、草丈は150〜200cm。一本の茎から、何十本もの花が咲くのが特徴。

太陽神のシンボル、古代アステカ帝国やインカ帝国の国花という言い伝えもあるそうです。

キャンプ場もあるので、とても気になりましたが、往復8㎞の距離に挫けて行くのを断念。

疲れとるわ~(;´∩`)

こりゃ温泉にでも入って休養せねばやってられんばい。



安平町から千歳市を抜けて、由仁町へ!

そんなわけで、お疲れのワタクシが向かった先は、由仁町にある「ユンニの湯

札幌から1時間。多彩なお風呂と美味しい食事が楽しめる温泉施設として、札幌近郊にお住まいの人々には、とても人気があるであろうスポットです。(全て憶測)

ここでワタクシが、またもや勘違いしていたのが、「ユンニの湯」でかの有名なメガ盛りキャベツの天丼が食べられたのでは!?という事。

(正解はなんぽろ温泉ハート&ハートメガキャベツ天丼)

地図を見ると、「ユンニの湯」の隣には広そうな公園も記載され、久々のゲリラキャンプもまた良しな気分。

温泉・食事・徒歩圏宿泊に期待しつつ、17時過ぎに「ユンニの湯」到着です。

(ちなみに前回しでかした勘違いはこちら↓↓)

北海道一周チャリ旅(第二部)8日目~夏はいずこに?

2011年7月31日

ユンニの湯到着!

ユンニの湯」を囲む一帯は、野球場やパークゴルフ場、ゆにガーデンという英国式大規模庭園やらが集う、観光スポットのようデス。(全て憶測)

まずは寝場所確保が先決!と案内板に従って近くの公園の様子を覗いてみるも、見事に閉鎖されて藪に埋没している始末。

いろんな虫が飛び回ってますw( ̄▽ ̄)

こりゃダメだと転進し、温泉の広い駐車場でトイレを発見するも、入口はシャッターが下りていて使用不可。

パークゴルフ場の管理棟にあるトイレも時間外なので鍵がかかっています。

なめとんのか!?ヽ(`Д´)ノ

トイレも水もない場所なんてキャンプ場じゃないやい!!・゜・(つД`)・゜・

(※そもそもキャンプ場ではないw)

致し方なく、2㎞程先にあるオートキャンプ場に電話を入れてみると1泊1500円と高額な料金設定です。

ゆったり温泉紀行計画早くも挫折・・(T_T)

由仁町の事が、はやくも嫌いになりました


本日の寝場所はこちら!

計画頓挫後、すでに日は暮れかかっていましたが。

仕方がないので、お隣の栗山町まで十数㎞の道を走り直しましたともさ!

暗くなってから辿り着いた「栗山公園キャンプ場」は大きな公園内の一部にあり、トイレも綺麗、コンビニもすぐそこでいう事なしの環境。

下手に色気を出さず、初めからここに向かえばよかったデス。

他にオッサンライダーが一人泊まっていましたが、挨拶程度の交流で終了。

コンビニで仕入れた惣菜で晩酌して→就寝。

  • 走行距離  82.52km
  • 平均速度  14.9km
  • 最高速度  40.6km
支出

  • 北海道サーモンバーガー、牛乳、麦茶 380円
  • 海苔弁 380円
  • 麦茶 108円
  • ソフトクリーム 100円
  • カップヌードルミニ 98円
  • 発泡酒、鶏唐揚げ、サラダ 900円

計1966円

2019追記

栗山公園キャンプ場について

  • 開設期間 4/29~11/3
  • 利用料 1サイト(4.5m×5m) 500円(全7サイト)
  • チェックイン 13時、チェックアウト 翌11時
  • 水洗トイレ、コンビニ徒歩圏、ゴミは持ち帰り。ホテルパラダイスヒルズまで2km(日帰り入浴650円、7時~21時半受付、無休)

以前は、1泊300円だったような気がしますが、今はこのような料金体制になっております。

全7サイト、予約可という事は、3500円払えばキャンプサイト貸切に出来るとか!?(問題はテントが何張り張れるのか??的な)


現在のワタクシの順位はコチラ。できれば、両方ポチッとして頂けると多々感謝です!^^

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください