みつばちハウス留萌にて起床

昨夜は23時に就寝、今日は5時起きで若干寝不足気味。

8時にはライハを出るも、R232への出方が覚束ずに迷子になってみたり。

自転車のチェーンに異常が生じ、自転車屋まで戻ってみたり。(結局ギアの組み合わせの問題でした)

そんなわけで、留萌市街地を出るのに1時間程、無駄に遅くなってしまいました。(;´Д`)

R232への道を教えてくれた方々、自転車屋を教えてくれたオジサン、お金を取らずに診てくれた自転車屋さん。

朝からホントすんません、ありがとうございました。○┓ペコリ


R232天売国道を北上!

本日より、オロロンラインの北上が始まります。

まずは、留萌市を抜けて小平町へ。

今日のドキドキな不安要素は、市街地を抜けた先にある小平トンネルでしたが。

みつばちハウス留萌滞在中のチャリダーオジサンに教えてもらった、海沿いの迂回路を使い無事にクリア。

ちなみに、ここまでの道程は比較的平坦で、追い風。なかなか走りやすい感じです。


道の駅おびら鰊番屋を過ぎた頃。

道沿いのパーキングで停車中の、営業マンらしきお兄さんに呼びとめられ、ミネラルウォーターをお接待して頂く。

ありがとうございましたm(__)m



オロロンライン北上中!

すれ違ったり、追い抜いて行く、旅仕様のチャリダーやライダー達。

さすが、北海道を代表する鉄板ルートだけあって、ツーリングライダー率が高いですw

そして、皆様、すれ違いざまにライダーピースもしてくれる~(・∀・)

ヒャッハー!!コレですコレ!!\(^o^)/

瞬間だけの一期一会だけど、旅に出ないと味わえない、大きな醍醐味、旅人同士のご挨拶。

しかも、カブ旅の時より応援してくれてる感も高いので、チャリの旅、大好きになりそうな予感です(・∀・)

しかし、徐々に道程は厳しくなり、なんだかアップダウンが増えてきたような・・・!?


小平町から、苫前町を抜けて羽幌町へ

お昼頃、羽幌町の「道の駅 ほっと・はぼろ」に到着。

ランチにちょうど良い頃合いと、道の駅内にあるレストラン「海鮮食彩 二島物語」へと向かいます。

注文したのは、羽幌町のご当地グルメである「えびタコ焼き餃子定食(750円位?)」

サラダ各種、味噌汁、スープは、バー形式になっていて、たぶんお代わり自由の大盤振る舞い。

肝心のお味も、普通に餃子定食として美味しく頂けました。


食事後、外で一服していると、なんと先程ミネラルウォーターをお接待してくれたお兄さんと再会。

仕事で留萌から遠別まで行ってきた帰りとの事でした。

頑張ってねという声を後にし、再出発。

お兄さんから、この先もさらにアップダウンの道程が続くと聞き、ちょっぴりため息ざんす。(;´Д`)


羽幌市街地から、さらに北上~

その後、噂通りにキツイ坂道を登ったり下ったり。

何度アップダウンを繰返したかは、6坂以降数えるのはやめました。

オロロンラインは、車旅やカブ旅でも通った事はありますが。

なにぶんエンジン任せですので、正直ここまで厳しいとは、思いもよりませんでした(;´Д`)

(ちなみに、以前のオロロンライン走行の日記はこちら↓)

第三回北海道プチ車旅3日目~酒は飲んでも飲まれるな!

2007年9月29日
ひまわり祭りなう。

北海道プチカブ旅2日目~観光!グルメ!札所巡り!欲張り強行軍。

2008年7月28日

そして、トラブル発生!!

アップダウンを繰り返す中、突如として、ワタクシの左膝に故障が発生!

この痛みは非常にヤバイです。

インドメタシン配合の薬を塗ってみても、あまり楽にはなりません。

この先、ドラッグストアかコンビニで膝サポーターを見つけ次第、緊急購入決定です。

しかし、ドラッグストアは、稚内まで無さそうな予感しかしない。(;´Д`)


羽幌町を抜けて、初山別村へ

道はさらに続き、ようやく初山別村に到着。

日陰で休んでいると、またもや通りがかった男性から、スポーツ飲料をお接待して頂きました。

今度のお兄さんは、昔、オーストラリアでホームスティをしていて、ヒッチハイクでオーストラリアを廻った事もあるそうです。

車でワタクシとすれ違って、「奇抜な髪型の人だなぁ~」と、わざわざ戻ってきてくれたとの事。( ̄▽ ̄)

ちょっぴりビミョーな気分ですが、お接待ありがとうございました!○┓ペコリ


今夜の寝場所はこちら!

さて、今夜の寝床は「道の駅  ロマン街道しょさんべつ」に併設する「みさき台公園キャンプ場(500円)」です。

20km程先にもキャンプ場がありますが、体力的にもう限界。

温泉併設なのも、疲れを癒すためには譲れないところ。

風が異常に強い点が気になりますが、まあ何とかなると思われ。

2010/07/26 17:08 みさき台公園キャンプ場からの風景

テント設営後は、道の駅に隣接する「しょさんべつ温泉  ホテル岬の湯(500円)」へ。

こちらの温泉は、火傷や関節痛にも効果ありのナトリウム泉。

景色も堪能できる、開放的な露天風呂もあるのが良い感じです。

併設のレストランにて、えびタコ揚げ焼売定食(980円)とビールで晩酌しつつ→テントに戻り就寝。

  • 走行距離  83.5km
  • 平均速度  14.2km
  • 最高速度  38.8km

(今後、ネタに枯渇する日もあるので、2019追記はその時の為に割愛○┓ペコリ)



現在のワタクシの順位はコチラ。できれば、両方ポチッとして頂けると多々感謝です!^^

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク) 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください